寒い冬場はこれで乗り越えろ!体を温める食べもの♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あったかいものが恋しい季節。

まなてぃです。

いよいよ、台風も去って本格的に寒い季節に入ってきました。

冷え性にとってはツライ季節ですが、そんな寒い時期を暖かく乗り越えるために、積極的にとりたい、体が温まる食材をご紹介します。

体を温めることは免疫力アップ、めぐりを良くして冷え性血行改善などの効果があります☆
便秘なども解消されやすいです1

そんな体を温めてくれる食材は、
・赤味のある色(オレンジ、黄色など)
・寒い地方でとれるもの
・地下で生育するもの
・その他、生姜などの香辛料

といったものが多いようです。
どんな食材があるのか調べて見ました!

体を温める食材はどんなものがある?

を温める食材
▪野菜
さつまいも、じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、かぶ、ごぼう、レンコン、たまねぎ、生姜など

▪穀物
そば、黒米、小豆、あわ、黒豆など

▪果物類
オレンジ、りんご、桃、栗、ぶどうなど

▪肉類
羊肉、鳥のレバー、赤身肉など

▪魚介類
鮭、マグロ、秋刀魚、カツオ、ホタテなど

▪調味料
塩、黒糖、味噌、しょうゆ、唐辛子、ちりめんじゃこなど

ちなみに東洋医学では、食材は体を温める食材、体を冷やす食材、どちらにも偏らない中間の食材と3つに分けられるそうです。

暑と寒、両方のバランスがとれての健康体なので、体を冷やす食材がダメかというと、そうではないようです。

特に冷えやすかったり、体温が低めの方(私も含め(笑))は積極的にこれらの食材を取り入れていきましょう!

広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。