北区赤羽に初の保護猫カフェ誕生♪

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!
ライターのしゅーとです♪
今回は、保護猫カフェを作るために、Ready forでクラウドファンディングを達成された佐々木さんにお話を伺ってきました!
2018年9月に北区にオープンされ、ご夫婦で猫カフェを経営されています!
クラウドファンディング成功のために工夫されたことや成功の秘訣などをお伝えしていきます!
こちらは佐々木さんが作られたHPになります!是非ご覧下さい♪
目次
1、経歴
2、北区で猫カフェを作った理由
3、クラウドファンディングで感じた事
4、まとめ
1、経歴

とてもやさしそうな笑顔でお出迎えしてくれたオーナーの佐々木さん!

佐々木さんは19歳の頃から一人暮らしの家で保護猫を3匹飼われていたそうです。

今回、猫カフェで取材させていただきましたが、帰ってきたとたんに猫ちゃんたちが佐々木さんの近くに集結!!!!!

猫ちゃんたちへの沢山の愛情が伝わり、その姿にとても癒されました!

佐々木様は猫カフェの運営はもちろん、個人事業主としてネット関係の仕事をされています。

また、プロの綜合格闘家を目指しトレーニングもされています。

ご出身がフィリピンとのハーフということもあり、幼少期から自分のことは自分でやるという習慣があったそうです。

なので、どこか会社に就職するのではなく、自分で仕事をするということが当たり前の認識をもっていたそうです。

2、北区で猫カフェを作った理由
もともと都内には住まわれていたそうですが、ご結婚したことがきっかけとなり、今住んでいる北区へ引越しをされたそうです。
実際に北区に住んでみての感想は、外出をすると、野良猫が多い・・・!」
もともと猫が好きということもあり、北区の保護猫カフェを調べてみると、北区には、保護猫カフェがなかったのです。
こんなに野良猫がいるのに猫カフェがないなんて・・・何か貢献したい!ないなら自分で創ろう!という想いを行動を移されたそうです
3、クラウドファンディングで感じたこと
クラウドファンディングの存在を知り、猫カフェオープンのために動き始めた佐々さんですが、もともとご自身で仕事をされていたこともあり、猫カフェのHPもご自身で作成したそうです!
その中でも特に、宣伝の重要性を感じたようです!
クラウドファンディングをやり、猫カフェごまの存在を知ってもらい、色んな人があいにきてくれるようになったそうです!

また、HPなど発信すると色々運営に関してや情報を教えてくれる人が増えたこともあり、沢山の方に知ってもらえたこともクラウドファンディングをやってよかったと感じられたそうです。

4、まとめ
今後も猫カフェ運営や新たなお仕事など挑戦を考えている佐々木さん!
思ったことはまず行動する!という姿勢や
やったことないからこそ挑戦するという行動力があったからこそ達成に繋がったのだと思います!
内装もとても綺麗で落ち着いた雰囲気の「猫カフェごま」
猫ちゃんたちに癒されに、是非遊びにいらしてください♪

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加