絶品!有機栽培野菜がたっぷり摂れる☆関西おすすめ隠れ家店

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美しさは中から!頑張ってる自分に栄養をたっぷり届けよう!

どうも、とりっぴです。

今回は自然食が食べられると大人気!「農業×カフェ」として、生産から販売までされているPUBLIC KITCHEN cafeや「食×自然」の循環を目指し、無農薬の野菜を提供している達屋をご紹介させていただきます。

目次 

1. 「PUBLIC KITCHEN café 中崎町店」のご紹介
2. 達屋 路地裏店の紹介
3. オーガニック×無農薬野菜×有機栽培の違い

1. 「PUBLIC KITCHEN cafe 中崎町店」の紹介

場所は中崎町駅から徒歩5分、かなり細い路地を入ったところにあります。

入口が分かりずらく隠れ家のようなカフェですが、オープン前から列ができるほどの人気店です。

民家をリノベーションしており、中はほっこり安心する空間。

1階は入口のみで、階段を上がって2階からが客席。

2階にはキッチンがあり、2人掛けテーブルが2卓、カウンターが4席。

3階は2人掛けテーブルが何席かあり、一番席数が多くなっています。

私が来店した際、女性のスタッフが2人で切り盛りされていてました。

オーダー確認、調理、配膳、会計とテキパキとこなす中、メニューの説明も丁寧で好印象!

お店は完全禁煙なので、とても有難いです。

気になるメニューですが、終日食べることができる「おぼんごはん」が1番人気!

メインの料理によって価格は変わりますが、800円~1000円ほどです。

土日祝とディナー時間は、メニューに記載されている金額にプラス100円で食べることができます。

メイン料理、日替わり小鉢3品、有機野菜サラダ、お味噌汁と丹波産玄米はおかわりが自由で盛りだくさん。

種類が多くて、どれも美味しそうなのでめちゃくちゃ悩むー(笑)

結果、「オリーブオイルで揚げた塩麴からあげ」「有機野菜とさわらの西京焼き」にしました。

すごいボリューミー!!

私がイメージしていた自然食の質素なイメージが、いい意味で覆されました!

丹波産の特別栽培米の玄米が、めちゃくちゃもっちりしてて美味しーい!

お味噌汁は出汁をしっかり取っていて、具沢山でほっこりします。

小鉢やサラダなどの有機野菜は、野菜の味がしっかりしつつも青臭くない!甘みもあってめちゃくちゃ美味しいです!

メインのオリーブオイルで揚げた塩麴からあげは、たっぷりの有機野菜でかくれんぼ。

お肉がびっくりするくらい柔らかい!!これは塩麴マジックなの!?

さわらの西京焼きも、焼き加減が抜群でふっくらしていてめちゃくちゃ美味しい!

ごはんがすすむすすむ!!

栄養バランスも良く、新鮮な有機野菜をこんなにもたくさん食べられて、この価格は最高です。

PUBLIC KITCHEN cafeでは、生産から販売まで一貫して取り組まれていました!

兵庫県丹波市で生産している有機農産物は、主に都市部にある直営店(カフェ)で提供しているそうです。

有機農作物の生産からカフェレストランでの提供・販売によって、無駄な流通コストを排除し、良質なサービスを適正な価格で提供する仕組み。

これが「高品質、低価格」の原因でした!すごいですねー!

有機日本農林規格(JAS)認証取得の有機野菜を、丹波市で常に20種類ほど栽培もされているそうです。
また、東京や大阪などの都市部にカフェレストランを設け、「農業の6次産業化」を進めるようなモデルの構築もしています。

PUBLIC KITCHEN cafeのオーナー山口さんは、“丹波市の「人口減少」や「少子高齢化」の課題に対して、「人」を地域に移住させることに注力するのではなく、「人」を育てることが出来る仕事をつくることが先で、仕事が「人」を惹きつける重要な要素”とHPで書かれています。

山口さんが作られた農作物やサービスを、都市部や他の地域の方々にもっともっと提供していくことで、「都市と地方でつくる農業」が確立し、今後の日本経済がより活性化すると思うと、これからが楽しみです!

【店舗情報】

PUBLIC KITCHEN cafe 

大阪府大阪市北区中崎西1-9-12

【営業時間】

11:30〜21:30(L.O)21:00

【定休日】

月曜日

2. 達屋 路地裏店の紹介

場所はJR大阪駅、阪急梅田駅から徒歩5分のところにあります。

コチラのお店も入口が分かりずらく、隠れ家のようなカフェです(笑)

TSUTAYAの近くの通路に入ってすぐの小道に入るとあります。

美肌効果が期待できるコラーゲン鍋や、TV紹介で話題の人気しゃぶしゃぶ店ですが、無農薬野菜にもこだわったからだにも優しいお店です。

店内はカウンターと、4名テーブルが4卓程。

可愛らしい女性のスタッフが笑顔でお出迎えしてくれます。

気持ちいいですねー!

メニューは野菜料理・肉料理・お鍋もあって盛りだくさん!

今回はお野菜メインで色々頼んでみました。

フルーツトマトのサラダ~自家製玉ねぎドレッシング~

トマトがめちゃくちゃ甘い!しかも湯剥きまでされていたのが感動です!!

このひと手間で舌触りや味が全然違うんですー♪

自家製玉ねぎドレッシングはあっさりしていて、無農薬野菜そのものの旨みを引き立ててました。

煮込み大根のから揚げ~ニラソース添え~

まずはそのまま食べて、次はニラソースで。

衣はカラッと揚がっていてサクサク、一口食べた瞬間大根からお出汁の旨みがじゅわぁぁ~とでてきます!!

そのままで食べても十分満足できますが、ニラソースで味を変えることもできて楽しめます。

椎茸のオーブン焼き~へシコバターの香り~

椎茸がとってもジューシーで弾力があって歯ごたえが抜群!

ヘシコバターの香りと風味が最高です。

シンプルなのに癖になる料理です!

どれも美味しくて大満足!

達屋では「美味しく、健康で、美しくなる」料理の提供をし続けていています。

日本全国のこだわりの農家さんからいただく、無農薬の野菜は甘みもあってミネラルがたっぷり!

自家農園も開始され、さらなる美味しい野菜つくりに励まれています。

お店での仕込みも一切添加物、化学調味料は使っていないこだわりっぷり!

顔の見える「食」を提供したいと、料理人が仕込みから盛り付けまで行こなっている達屋は、何度も足を運びたくなるお店です。

【店舗情報】

達屋

大阪府大阪市北区堂山17-5巽ビル1F

【営業時間】

17:30〜24:00

【定休日】

不定休

3. オーガニック×無農薬野菜×有機栽培の違い

今回オーガニックにこだわっているPUBLIC KITCHEN cafeや、無農薬野菜にこだわっている達屋の紹介で思ったことは、「オーガニック」と「無農薬野菜」は違うの?と言う疑問。

調べてみたところ、「オーガニック=無農薬」ではないということが分かりました!

「オーガニック」は、純粋な有機肥料を用いた栽培方法という意味のほか、化学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない「合成された農薬を使わない」栽培方法も合わせた意味

だそうです。

他にも、

「オーガニック」と「有機栽培」は、元は同じ意味の言葉

だそうです!これもビックリですねー!

オーガニックや有機栽培を名乗るためには、農林水産省の基準を満たす必要がある

ということもわかりました。

※参考資料:マイナビ農業

無農薬野菜を作ることで、今メディアでも取り上げられている「SGDs(持続可能な開発目標)」の15、陸の豊かさも守ろうに関連することがわかり「地球にも優しい」「からだにも優しい」なんて、良いことだらけですね!

普段お仕事を頑張っていると、知らず知らずのうちにビタミンやミネラルなど「栄養不足」になっている人が多いと思います。

するとお肌トラブルや体調不良の原因に!

なので、たまには自分へのご褒美&からだへのご褒美として、ビタミンやミネラルたっぷりの野菜が食べられるPUBLIC KITCHEN cafe達屋で、からだの内側からも美しくなっちゃいましょう!

YouMeKanattaでは、夢に向かって頑張る女性を応援しています。

ぜひのぞいてみてください♪

https://www.kanatta-lady.jp/

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加