ポイントは○○!夏直前に理系ライターがすすめる日焼け対策を紹介

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouMe,Kanattaは、株式会社Kanattaの、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供するクラウドファンディングサービス「Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・インフルエンサーといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。

今年もやって来る夏!日焼け対策ばっちりですか?


こんにちは、薬学部卒理系ライターのあずまです。
最近は曇りがちな日が続いていますが、たまに晴れると日差しの強さを感じますよね。

そんな夏を感じるこの頃ですが、みなさんは日焼け対策していますか?
そろそろドラッグストアに行こうと思っているあなた、

正直、遅いです!

厳しいことを言うようですが、下のグラフを見ていただいたら
わかっていただけると思います。

(参照:気象庁 日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ※2018年度)

紫外線は4月くらいからめきめきと増え始め、
この時期がまさに、1年で一番強い月なのですよね。
気候的には9月も夏のように暑いですが、紫外線は4月のほうが強いのには驚きです。
ただ、

「もう手遅れ・・・

とあきらめるのはまだ早いです。

今回は今からできる、日焼け対策を理系的知見も入れながら紹介していきます。

そもそも日焼けってなんで起こるの?

日焼け止めの対策に入る前に、日焼けのメカニズムについて簡単に説明します。
まず、皮膚に紫外線が当たると、体内でメラニンが生成されます。
このメラニンが褐色~茶色なので、蓄積することで肌が黒く見えるのです。
(※ちなみにメラニンは紫外線を吸収して細胞を守る役割があるので、
生成されること自体は正常な防御反応です。)

また、紫外線により体内で発生する活性酸素が、皮膚の細胞を傷つけることにより、シミや

しわの原因になります。
さらに活性酸素が、メラニン生成を促進するという報告もあります。
メラニンの生成+活性酸素により細胞が傷つくことで、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)がうまくいかなくなり、メラニンが細胞内に沈着して、肌の色が濃くなったりシミとして残ったりします。

なんだか難しいかもしれませんが・・・
つまり
「紫外線にあたらないようにする」か、
「体内に活性酸素が生成されない」アプローチが必要なことがわかりますね。

それを踏まえて、ここからは対策を3つピックアップして紹介します!

対策①日焼け止めクリーム

この記事を読んでいるほとんどの方が、日焼け止めクリームを使っているのではと思います。
でも・・・
日焼け止めクリームって、ドラッグストアに行くとずらっと並んでいるし、種類も多いので、何を選んでいいか悩んでしまいますよね。

ブランド、価格、使用感など、何を重視して選んでいますか?
私は選ぶとき、SPFやPAの表示を重視しています。

SPF50
PA+++

のような表示を、一度は見たことがあるのではないでしょうか。
とにかく、数字が大きくて、+が多いものがよさそうですよね。

しかし、高ければ高いほどがいいというわけでもないのです。
それぞれの表示について説明していくと・・・
SPF(サンプロテクションファクター)とはUVB(紫外線B波)の影響を防ぐ値で、

紫外線が当たりだしてから、炎症を起こす(日焼けをする)までの時間を遅らせる指標です。
たとえば、炎症を起こすまで何もつけていない状態で20分かかる人が、SPF30の日焼け止め

クリームを使うと、20分x30=600分に遅らせてくれるという訳です。
(参照:日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方

そしてPA(プロテクショングレイドオブUVA)とは、UVA(紫外線A波)を防ぐ値で、
PA+ ++ +++ ++++ の4段階あり、+が多いほど、防止効果が強いです。


(参照:Kanebo 「SPF」「PA」とは?

上の表はSPF/PAと生活シーンの目安なのですが、
軽いお出かけくらいなら、SPF30、PA+++でも十分みたいですね。
個人的には、SPF40、PA+++くらいがちょうどいいのではないかと思います。
なぜなら、効果の高いものほど、肌との密着性が強く皮膚呼吸を妨げたり、
化学物質が多く入っていることが考えられるからです。

なので、大事なことは「こまめに塗りなおすこと」だと思います。
用途によって、うまく使い分けていきたいですね。

対策②日傘


体の外側から、内側からの対策を紹介してきたので、次は持ち物にも力を入れましょう。
そこでオススメなのが、日傘です!
暑さ対策になるだけでなく、紫外線を防いでくれます。

UVカット加工のものについては、70%以上紫外線を遮蔽してくれます。
また遮光加工のものについては、なんと99%以上、太陽からの光自体を遮蔽するそうです。
(参照: アンベル株式会社 UVカット傘と遮光傘の違い

「傘」なのでずっとさしている必要があるのはネックかもしれませんが、影をつくってくれるので涼しいですし、これからの時期の必需品ですね。

対策③サングラス

日焼け対策としてのサングラス、みなさんはどんな印象を持ちますか?
直接肌を守っているわけでもないですし、意外に思う方も多いかとおもいますが、
実は、サングラスが日焼けに効果があるという研究発表があります。
(参照:Zoff 目からの紫外線で肌が黒くなる!?

日焼けにはメラニンの生成が強く関連しているといいましたが、なんと、目から入った紫外線によって、脳から日差しが強いぞ!メラニンをつくれ!という信号を出すのだそうです。
しかもこの信号は、部分的に出なく全身に送られるので、
「日焼け止めを塗っていても黒くなる」
ということが起こり得るということです。
紫外線から目を守るためにも、サングラスを用意しておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか。
ポイントは、組み合わせること
1日1日の地道な努力が理想の肌につながります。
美肌をキープしつつ、この夏を楽しみましょう!

そして努力して美肌を目指したい方に、ぜひオススメのイベントがあります。
そのイベントとは・・・「Kanatta Salon」です!

Kanattaでは、女性の社会進出を応援する女子会コミュニティ「Kanatta Salon」をはじめました!
「思わず振り向かれる女性」に大変身すべく、美容講座を開催しています。
次回の開催は7月20日(土)です。
テーマは

【髪も肌も目指せ☆うるツヤ女子】

ぜひ一度、足を運んでみてください。

理想のうるツヤ肌で、この夏を満喫しましょう!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加