【前編】健康とは○○が動くこと!美容経験22年間の美容家が伝える綺麗で居続ける秘訣とは?

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouMe,Kanattaは、株式会社Kanattaの、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供するクラウドファンディングサービス「Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・インフルエンサーといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。


東京都港区を本店にエステサロンを複数経営され、美容クリニックと提携し、究極のアンチエイジングを実践されてきました。

美容業界22年のノウハウに基づいた的確なアドバイスと実践で、お客様には医療関係者や芸能関係者も多く、美容院・エステサロン等にも指導。その人柄から多くのファンを抱える美容家である桑原葉子さん。

「美容はやろうと思った仕事ではなかった」と語る彼女は、いかにして美容業界に飛び込むことになったのか?女性が輝いて生きるための彼女の考えと今後の展望を取材させて頂きました。
前編と後編の2回に分けてお届けします!

美容はやろうと思った仕事ではなかった?!

――現在、美容業界22年のノウハウに基づいた的確なアドバイスと実践で、美容院・エステサロン等にも指導されたり、30,40代メインにセミナーを行ったりしているそうですね。

桑原先生:1人1人が人生を楽しんで、輝いて生きるための手伝いができたらいいと思っていて、美容、健康、メンタルなど、何でもいいと思っていてたんです。
若い女性は、健康というよりも美容から入ったほうが楽しいのではないかと考えました。
それを使って綺麗になれたら最高でしょ?

――肩甲骨を動かすとリフトアップするんですね。

桑原先生:はい!リフトアップします。
今は、整体や整骨院の人とも仕事させてもらっていて、先生たちのやっている目的は、治すことです。
エステは、綺麗になることが目的。「根本から解決していきたい」と思っているんです。

――今の若者でも肩こり、腰痛持ちの人が増えているようですがどうお考えですか。

桑原先生:携帯が原因の一つになっています。携帯を触っている姿勢は、猫背になってしまっていませんか?

また、電磁波もよくないので、寝る時などは意識して出来るだけ遠ざけてみてください。

しかしながら、キラキラして働いているモデルさんや女優さん方も携帯は使っています。しかしきれいなのは、「どうしたらよいか」を常に考えて手を打ったり、改善していますよ。

――アンチエイジングについてどう考えていますか。

桑原先生:アンチエイジングは、「若返り」と思われがちだけど、「酸化させないこと」なんです。酸化させないということは、老いないってこと。美味しいものを食べたいですよね?

日常的にどれだけ習慣化できることを提案するか。自分のくせづけ次第なので、情報が大事になってきます。

みんなあまりに情報がなさすぎるんです!運動しなくても体形維持はできるってことを知らないだけ。そして世の中に出ている情報は遅く、移り変わりが早いのがこの世の中です。

きれいでいるために大事にしていること

桑原先生:「健康でいることがきれいに直結しています」
健康が一番で、健康とは毛細血管が動いていることを言います。そこをどう提供していくかが私の役目だと考えています。

――桑原先生の経歴について教えてください。

桑原先生:過去は変えられます。
元々アパレルをやりたいと思っていて、スタイリストとして世界に行こうと思っていたけど途中で諦めたことがありました。

何事にも「メンタルが大事」だなと感じ、芸能人も受けているというセミナーを受けたことがきっかけで、ピンとくるものがあり転職だ!と思い立って転職し、企業研修の会社に関わりました。

その時関わった美容会社が男性社員ばかりだったので、女性の意見が聞きたいので立ち上げを手伝ってほしいとお願いされて、はじめました。

正直、はじめは波に乗ったらやめようと思ってたのですが、いろんな出会いがあって今も続けています。

美容を通して何か伝えていくのが私の役目だと、やっていく中で感じました。女性が社会で活躍するのが難しい時代だったので、女性が活躍していく現場を増やそうと思ったのも理由の一つです。

――美容業界は女性が活躍しやすいと思いますか。

桑原先生:一般企業のトップは男性が多いですが、美容業界は女性が活躍しやすいと思います。なぜなら、まだまだ企業として成り立っていないところが多いからです。

男性社長は成り立ちますが、オーナーサロンは技術職で、これからは技術職だけでは経営していけない時代になっています。

美容業界は現在、成熟しているというよりネタが尽きていて過渡期で、それは美容室も同様ですが、過渡期だからこそ面白いところもあります。

変化が激しい世の中でもブームが起こるのは、仕掛ける側が器用だから次々に起きてます。

本質がとても大事で、本質がブレないためにも根本のコンセプトづくりも手伝っています。

提供するものを変えられないのは、信用がなくなると思っているからです。新しいものがどんどんでてくるからこそ、本質を決めて、残したらいいことと変えていったらいいことを提案しています。

美容室もたくさん潰れると思います。実はコンビニより数が多く、生き残りが大変なんです。

――生き残るために大事にしていることはなんですか。

桑原先生:すべては人材教育です。
次世代もそうだし今いるスタッフさんの教育に力を入れるべきだと考えます。
オーナーの考え方やスタンスに関わってくるので、ビジョン、目指すところの明確さがあると思います。

オーナー自身がいいと思ってもだめで、なんのためにやっているかスタッフさんに伝わっているから、求めるものや魅力があるから、頑張れると思います。

今すぐできるアンチエイジングについて

桑原先生:今からすぐできることは、「水を飲む」
酸素と栄養を運べるのは、血流しかないので、ドロドロしていると運べないから、まずは血流をよくするために水を飲んで動かす必要があります。

体格などにもよりますが、1時間に90ml飲んで、体温を保つことも大事ですね。

――何か一歩踏み出す女性に一言お願いします。

桑原先生:まずやってみる!やってもないのに諦める人が多すぎます。まずやったら、失敗したら次にいけるから。エジソンがこう言っていました。

「私は一度も失敗していない。これではダメだということがわかっただけだ」その言葉の通り、若いうちはどんどん新しいことにチャレンジして失敗をたくさんしたら、いい経験になって素敵になっていくと思います。

そのために私にもできることを今後も提案していけたらと思います。

さいごに

桑原先生に取材してみて、パワフルでとても素敵な女性だなと感じました。何事にも「まずやってみる」ことを大事にしていて、やってみるからわかることや得られることがたくさんあったことを経験から語って頂きました。

直接取材(後編)では、より講義の内容を中心とし、第3回の予告をちょっとだけ覗き見できちゃいます。

第1、2回に参加されてるいる方はもちろん、初参加の方にも必見な内容となっていますので、アップされるのをお楽しみに!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加