スノボシーズン到来!初心者女子準備にこれ見ないと損!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜんぶ雪のせいだ。

そこに雪はあるか。

こんにちは、タナチューです。

今では有名なこのキャッチフレーズ。

ポスターを駅で見るたびに胸がキュンキュンしちゃいますね。

そう、

そこにはゲレンデマジックがあるから!!

そこで、スノボ初心者に是非とも見てほしい準備をご紹介していきます。

基本準備

  • ウェア
  • ボード
  • ビンディング
  • ブーツ
  • 手袋
  • 帽子
  • ゴーグル
  • インナー上着はロンティーでもいける
  • ヒートテック下
  • ネックォーマー
  • サポーター
  • 厚手の靴下
  • 小銭入れ





スキー場に行くと、

レンタルできるかその場で買えるものばかりなので、そこで何がレンタルできるか調べるといいかと思います。

がしかし、

私のスノボ初体験はレンタルをして、

レンタルのウェアはあまり可愛くないな‥‥

お尻や手袋は水が染み込んできて冷たいな‥‥

といったこともありました。

ウェアって、可愛いのやかっこいいのは買うと結構高いんです!!

ハマるかわからない最初の段階で無難なやつ買おう!!

と、2回目のスノボで無難なウェアを買い、その後ハマった私は、

もっといいの買えばよかったと後悔したものです。。。

一緒に行く友達でスノボ好きがいるほど毎週行ったりするので、スノボ好きと選びに行くとウェアもボードも決めやすいです!

一式持ってる人と行くと着替えは専ら車中になります!

更衣室もありますが、荷物をもって動くよりすぐに滑りたい!

ウェアの下に着ておく服は着ておくとスムーズ。

初心者にはサポーターがあると快適です!

ひざ、お尻、手首など、

沢山転ぶので積もりに積もって痛くなってくるのを見事に和らげてくれます!

日焼け&化粧対策

雪山は、晴れてても曇りでも雪焼けを意外とします。

帽子、ネックウォーマーをしてると目の周りだけ焼けたり、ゴーグル焼けをします。

日焼け止めもあると便利です。

お昼や帰りに帽子を取ると、髪の毛がぺちゃんこ!!

そんな対策にゴムやヘアピンがあると便利でした!!

ゲレンデマジックに映える化粧の色をウェアと揃えてみたり、帽子でこすれて眉毛がなくなりやすいので、落ちにくいものを使うといいですね♪

最後に

手首など準備運動や、転んだ時の受け身をしっかり教わって、ケガのないように楽しみましょう♪

リフトに乗りながら流れる音楽は記憶に残り思い出になります!

気になる彼との距離を縮めたり、

うまく滑ってるイケメンを見つけたり、

はたまた1人で乗る吹雪の時は遠くにいってしまいそうな感覚になることもありますが、

誰と一緒にいるかで楽しさは何倍も変わります。

気の知れた友達と是非スノボに行かれてみてはいかがでしょうか。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。