料理はセンスでなく努力と語る食育インストラクター横山あゆみさんを取材しました

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouMe,Kanattaは、株式会社Kanattaの、女性が輝けるしくみとコミュニティを提供するクラウドファンディングサービス「Kanatta」のキュレーションサイトです。
注目のイベント情報、SDGs・インフルエンサーといったホットなテーマの最新情報など、あなたのゆめを「Kanatta」にする情報をお届けします。



料理のプロ、横山あゆみさんを取材してきました

料理の実力はお墨付き!横山あゆみさんのご経歴

調理師免許、食育インストラクター、野菜ソムリエ
服部栄養専門学校にて通常講座に加え、
三國シェフを始めとする有名シェフの特別講座を受講、
卒業後はそのまま調理アシスタントとして就きました。

その後は、多数のテレビ番組にも関わり、
某大人気ビストロコーナーや食わず嫌いコーナーなどに協力。
調理アシスタント退職後は、多数の雑誌に掲載されている「ブーランジェリー」の立ち上げを経験するとともに、家事代行等のサービスを行う。

「料理ができると言うと器用なイメージがあるがもともとは不器用だった。」と努力で色々と経験してきたことを語る横山あゆみさん。
に、取材させていただきました。

ロイヤルホストのステーキが全てのきっかけ

ーー 数多くの料理の経歴をお持ちですが、もともと料理人になろうと思ったきっかけはなんですか。

横山さん: 1番のきっかけは小学生の時に、ロイヤルホストで誕生日のお祝いに食べたステーキです。

ーー ステーキですか!!

横山さん:はい。実家が長野で、家に田んぼや畑があって自分たちで育てたお米や野菜を作って食事をするのが基本でした。
その時に、祖父母が作ってくれた料理がおいしかったことと、新鮮な食材に囲まれていたので、ごはんは実家で食べることが普通で、外食をすることがなかったんです。
その誕生日に食べたステーキは格別においしかったですし、いまでも鮮明においしかったのを覚えています。

ーー なるほど。それがきっかけだったんですね。

横山さん:そうです。それに6個下の弟に食パンを使った簡単なお菓子を作っていて、料理をすることがどんどん好きになっていましたし。

中学校の時の進路相談でも調理師になると話していました。
それを親に相談したところ、まずは専門でなく視野を広げるために普通の高校に行くのもありだと伝えられ、その時は専門でなく普通の高校に入学しました。
ただ高校3年間は楽しくて視野も広がりましたが、調理師になりたい気持ちは変わらなかったので、当時人気だった服部栄養専門学校に入学しました。

ーー 有名な服部専門学校に入ろうと思うところが凄いですね。

横山さん:それがそうでもないんですよ。
当時は飲食店ブームで、いろんなテレビ番組でも調理師さんは引っ張りだこでしたので、すごいイメージはありました。
しかし、専門学校はお金を払えば入れるんです。
もし目指すのであれば私も有名な人から学びたいと思っていました。
服部専門学校なら、調理師免許も取得できることと、世界3大料理(中華、フレンチ、トルコ)や日本料理、和洋お菓子すべてできることも学べる。
あとは、なによりも教えている先生方に魅力を感じましたので、親にお金を出してもらって入らせていただきました。
当時のことは今でも親に感謝しています。

料理は不器用でも継続すればうまくなる

横山さん:専門学校に入学して気づいたことは思っていた以上に不器用だったことです。

ーー そうだったんですね。経歴を聞くとそんな風におもえないのですが・・・

横山さん:いえ、とても不器用なんです(笑)
なので人一倍努力をしました。
かつらむきを練習するために大根を買いだめしてひたすら剥いたこともありました。
そのため、授業はしっかり学ぼうと思って聞いていたので、
先生からは、顔と名前を覚えてもらうことができました。

ーー 横山さんの努力できるところがすごいですね。

横山さん:そうじゃないんです。実は一緒に学んでいる生徒をみて刺激をもらいました。
私はありがたく親から学費を出していただいてましたが、同級生に私よりも歳上の方もいて、その方は実費で専門学校の学費を払って学びに来ていましたので、専門学校はワイワイ楽しむところではなく、自分の技術をみがくところだと思えるようになったんです。

ーー 周りの人に良い影響を受けてこられたんですね。
その後はそのままアシスタントになったんですか。

横山さん:実は専門2年の時に就職活動はしていました。某有名ホテルにも受けに行きました。
当時、先生に成績は良いからどこでも受かるといわれていましたが、
そのホテルは見事に落とされました(笑)
そのとき、私は納得いきませんでしたが、ご縁がなかったんだと諦めました。
後日分かったことですが、そこのホテルは男性の料理長が欲しかったとのことです。
当時の料理界では、男性が優遇されることがあったので、あきらめるしかないと思った時に、
尊敬していた専門学校の先生からアシスタントにならないかと言われ、そのままアシスタントになりました。
それから数多くの有名な番組に、アシスタントとして出演させていただきました。

そのとき感じたことは、料理の世界は上下関係が厳しいと感じました。

ーー そんなに厳しいんですか・・・。

横山さん:はい。私は、高校時代にバレーボールをやっていたので上下関係はしっかりしていましたが、料理の世界の上下関係は、師弟関係のようでした。
いまではすごく厳しく鍛えられたことを感謝しています。

食べて楽しむことを伝えていける女性になりたい

ーー そうだったんですね。それからなぜ転職をしようと思ったのですか。

横山さん:25歳の時に、その先の先輩方を見たときに、
私のしたいことは自分の料理をお客さんに食べてもらいたいと思ったのが転機でした。
そして、転職をしようと思った時に一番に考えたのがパン屋でした。

ーー でもなぜパン屋だったんですか。

横山さん:パンは朝食で食べられること、カフェにも出店でき、お土産にも使えて、いろんな人に愛される世界中の人が好きな食べ物なんです。
パンを習得したらいろんな分野に活かせると思い、パン屋に就職しました。

ーー パン屋から家事代行業とは畑違いだと思いましたが、なにがきっかけだったんですか。

横山さん:いろんな人との出会いを大事にして視野が広がり、
当時は料理=お店をだすと考えていましたが、
今では

料理=食環境を整える=ライフスタイル

になり、そう思った時に料理を発信していきたいと思いました。
そのためにも、もっと自分の時間を大事にしようと思い転職を考えたときに、自分の得意なことは何かと考えたんです。
そのとき私は、掃除と料理は得意だと思い、それを仕事と考えて思いついたのが家政婦でした。
その家政婦を調べていたら家事代行業があることを知ったんです。

ーー そうだったんですね。

横山さん:はい。私は、田舎出身だったので母親は栄養士と介護士を両立をしていたので、家政婦のイメージはついてたんです。
都内は家事がメインで、ご家庭をもつ方、一人暮らしの女性でも需要があり、その女性を支援する仕事で家事代行という仕事を知りました。
そのなかに私がイメージする家政婦が入っていたんです。

そして、この仕事を通じて世の中の女性は働きに出ている人が多いんだと知りました。
そういった方々に、サポートできる家事代行の仕事にいまでは誇りをもっています。

忙しい一人暮らしの女性でもコツさえつかめば、簡単に好きな人が家にきた時でも手軽に料理を振る舞える

ーー 9/21のkanatta salonは食育をテーマにした料理勉強会で講師を務める予定ですが、横山さんはどんな方に来てもらいたいですか。

横山さん:私は、食べて楽しむことを世の中に広めていける女性になりたいという気持ちがあります。
某クッキングの料理会にいったことがありましたが、その時に楽しくできても、一人暮らしの忙しい女性だと実際に作ることはできるだろうかと疑問に感じることがありました。

私は、料理したことのない人や、野菜をおいしく食べたい方、一工夫で常にアレンジしたいと思っている方にもぜひ楽しめる料理会にしたいと思ってます。
今回は、オーガニックの素材を楽しめるということで冷蔵庫にある簡単なものでドレッシング作りをしていこうと思ってます。

ーー 確かに料理会というと難しいのと、今回のドレッシングは家では作れないと思ってしまうことが多かったですが、冷蔵庫にあるもので簡単に作れてしまうとなると楽しみですね。

横山さん:はい。実は料理をしたことのない人でも、ドレッシングはこの3つを知っていたら美味しいものができるんです。
今回そのことも話そうと思いますので、気になる方は来てもらえると楽しめると思います。
それができれば、素材の良い野菜をいつでも美味しく食べられます。

ーー ちなみにその3つはここで教えていただくことはできますか。

横山さん:はい。
それは塩分、酸味、油分です。
このバランスを知るだけで誰でもおいしいドレッシングが作れます。
詳しい話は、今度の料理会でしようと思います。また、今回は新鮮な野菜を楽しむためにドレッシングメインですが、今後は手間のかからない時短の料理会もできればと考えてます。
そのためにもこの1回目の料理会を私が楽しんでいきます。

さいごに

横山さんのお話を聞いていて、過去の自分の経験を通して、
”頑張る女性に食を楽しんでもらおう”という気持ちを持っていて、ものすごく愛情と情熱が伝わる素敵な方でした。

今回のkanatta salonは、そんな横山さんによる
簡単で、インスタ映えにもなる冷蔵庫にある食材で簡単オーガニックなドレッシング作りをしていきます。

料理が苦手だなと感じる方や、彼氏においしいご飯を振る舞いたいと思う方、オーガニックが好きな方は、情熱を持ちながら愛情ある横山さんの料理会にぜひ参加してみてください。

kanatta salonの詳細はこちら

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加