今話題の◯◯ガールになってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中で今どんなブームが起きてるのか!

好奇心旺盛タナチューです。

◯◯ガールと聞いてどんなことを思い浮かべましたか?

山ガール、チアガール、ビアガール‥‥

どんどんセクシーな連想をしてしまう私ですが、なんと今回!

御朱印ガールデビューしてみました!!

神社巡りにハマってる友達から聞いて興味をもったのがきっかけです。

そもそも、御朱印とはなんぞや?

と思う方もいるかと思います。

私も実は最近知りました。

御朱印(ごしゅいん)とは

簡単に言うと「参拝証」であると認識してます。

御朱印の起源は、寺社へ写経を納めた(納経)際の受付印であったとされています。

御朱印のもらい方

御朱印をもらうには御朱印帳が必要です。

Amazonでは色んなバリエーションの中から選べるので、自分好みの柄を見つけやすいです。

寺社がオリジナルの御朱印帳を用意してるところもあります。

場所によっては渋い感じのものしかないところもあるので、事前に調べておくと良いと思います。

なんとも御利益がありそう!



参拝をしましょう

慣れてない私は毎回ドギマギしてしまいます。

これも慣れなのでしょうか。

マナー良く参拝するために予習復習をしておきます。

1. 最初の鳥居を潜る前に一礼。

2. 参道はなるべく真ん中を歩かない。

3. 手水舎(ちょうずや・てみずや)で身を清める。

4. 拝殿前では賽銭を入れ、鈴がある場合は鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼で参拝をします。

御朱印をもらう

御朱印は、基本的に社務所や授与所と呼ばれる場所でもらうことができます。

御朱印をもらいたいページを開いて、「御朱印お願いします」と渡します。

すると、番号札をもらうので、書き終わるのを待って取りに行きます。

だいたい300円〜500円になります。

最後に

神社には、出世の神様、商売繁盛、恋愛の神様、健康など色んな祈願をしに行くことかと思います。

初詣では、今年1年どんな年にしていきたいと願いますか?

神様との出会いもご縁。

御朱印をもらった後も大切に保管することで、清らかな気持ちを維持しながら生活してる自分がいます。

人との出会いも神様とのご縁も、

全てのご縁を大切にする心が大事なのかなと思います。

歴史、小学生の頃は苦手分野でしたが、改めて知るきっかけになりました。

ご縁を紡ぐきっかけとして、御朱印帳をもって参拝に行かれてみてはいかがでしょうか?

広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。