【SDGs】働きがい・ライフスタイルとクラウドファンディング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは ふーちゃんです。

今回は、第四弾♪

働き方と経済について書いていきたいと思います。

SDGsってなんだ?という方は

こちらを参考にしてください♪

SDGsについて学んでみる みなさんは聞いたことありますか?! SDGs(えすでぃーじーず)...

目標8:

ディーセント・ワークと経済成長を両立させよう

生きがい=働きがい 経済成長と働きがいを両立させよう


「経済成長と雇用」とは?

”国連広報センターでは、この目標を以下のように定義しております。”

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある
人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。
出典ー国際連合広報センター(http://www.unic.or.jp/

「経済成長」・「働きがい」について取り上げられてる目標ですが、

あなたは、今の仕事に働きがいがある!と言い切れますか?

実際、私も働くようになってから、

「どこかに自分の強みが生かせないか?」と日々模索を繰り返しています!

現在もこの質問には葛藤中です・・・笑

仕事を生み出す力×働きがい

老若男女問わず、働きがいを持って仕事ができることを

目標8では掲げておりますが

これは本当に企業家たちだけの問題なのでしょうか?

私自身は、「NO!!」だと思います!
昨今、大手企業も副業を推進している動きが出ており、

会社員1本からの収入のみだけでなく

2本3本の仕事を掛け持ちするような働き方が推奨される時代に突入しています。

私の働く会社でもすでに働き方改革の実施に伴い、

フレックス制の導入または、リモート環境での職場環境にシフトしつつあります。

IT時代の到来によって、より老若男女に問わず

1人1人が常識や枠にとらわれず、仕事を生み出す力をつける

チャンスではないかと思います。

・枠にとらわれない生き方×働きがい

そして、自分の力を付ける絶好のチャンスだととらえてきている人たちが

活躍の場を広げております。

たとえば・・・
ユーチューバー!
ブロガーや講師業(学生が社会人に向けてナンパテクを教えていることも!?)など。

現在、自分の「好き」を思いっきり表現している方々が世に名をとどろかせております!!

また、「もっとこうあったらいいな」というビジョンを持って

クラウドファンディングサービス

を利用した事業の立ち上げをされる方もいます。

ゼロから発信して仕事を創り出す。

こうした取り組みによって、自分で仕事を産み出す楽しさを

体感できるかもしれません。

・クラウドファンディング×働きがい

自分の強みや好きを大事にできるこの時代!!

クラウドファンディングというツールを使って

自分を思いっきり表現してみませんか?

YouMe Kanattaでは、クラウドファンディングを通して

新たなチャレンジをしたい人を

今後も応援していきます。

頑張りがい、働きがいは人それぞれ!!
どうせ頑張るなら、自分の生きがいに沿った、道を選んでいきたいですね。

目標9:

産業と技術革新の基盤を作ろう


・技術革新を育てる強靭なインフラ作り

インフラと技術革新への継続的な投資は、

経済成長と開発には切っても切り離せない、重要な要素です。

世界人口の半数以上が都市部で暮らしていることから、

大量輸送と再生可能なエネルギーとともに、

新たな産業の成長と情報通信技術の重要性も今まで以上に増しています。

しかしながら、現状において

道路や情報通信、技術、衛生施 設、電力、水といった基礎インフラ は、

多くの開発途上国で未整備となっています。

今でも世界人口の内、40億人がインターネットを利用できませんが、

その90%は開発途上地域に暮らしています。

情報と知識への平等なアクセスを確保し、その結果として技術革新と起業を促進するためには、このデジタル格差の解消が欠かせません。

非常にスケールの大きい話に聞こえるかもしれませんが、

これらの問題解決は、決して大企業や団体だけの取組ではありません。

国や人種、性別を超えて取り組む枠組みがあるのです。

私たち、日本人が世界で起こっていることをまず知っていくこと

そして将来、自分のこどもが暮らすかもしれないであろう未来の日本は

どういった日本になっているのか。

また、どういった国にしたいのか。

を考えることが重要だと感じています。

私たちの取り組むクラウドファンディングでは、
一個人が「問題解決したいっ!!」と声を上げて行くことから、
貢献していくプロジェクトを立ち上げ、

応援してくれる人を募ることも出来ます。

「技術革新」「もっと日本がこうなったらいいな」

という起案者のビジョンにお役に立ちたいという想いをのせて

プロジェクトに支援者という形で参加することも可能です。

お役に立ちたいの思いこそ、真の強靭なインフラ作りへの第一歩かもしれません。

次回は、世界の平等とは?住みやすいまちとは?というところから

クラウドファンディングについて考えていきます。

前回記事はこちらから★

こんにちは。ふーちゃんです。 前回は目標3.4について考えていきました。 ...

第5弾はこちら★

こんにちは!ふーちゃんです! 今回はSDGs第五弾ということで 平等や、まちづくりについ...
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。