アロマで世界を変える☆madokaさんの活躍

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、かおりんです。

今回は香りをテーマにKanattaで起案した

madokaさんのご紹介です。

香りの可能性をもっと多くの人に広めたい。

クラウドファンディングの発信力を活かして、

香りを扱ったワークショップの開催に挑戦されています。

madokaさんのプロジェクトはこちら




香りと聞くと、

私がイメージするのはよくセレクトショップで見かけるアロマ。

しかし、人やアートを香りで表現???

香りでワークショップとは、一体どういった内容なのでしょうか!!

自分カラーでオリジナルの香りを作る!


「香りを嗅いで、過去がフラッシュバックする事ってありませんか?」

確かに…!私は、畳の匂いを嗅ぐと、

田舎のおばあちゃんを思い出しますね。

「そうですよね。香りを嗅ぐとイメージできるんですよね。

例えば、バニラの香りを嗅ぐとが頭に思い浮かぶ。

カラーと香りは密接に関わっています。

ワークショップでは、

その人のイメージに合わせたカラーから、

その人オリジナルの香りを作ります。

オリジナルの香り!

それがあると、何かいいことがあるのですか??

「香りを嗅ぐと気分がリフレッシュしますよね。

落ちていた気分が上がったり。

自分オリジナルの香りは、

自分のモチベーションや意欲を上げていく

香りとなっています。

理想や目標がある人や、

変わって行きたいと思う人は、

自分オリジナルの香りをかぐことで、

モチベーションをコントロールできるので、

より目標達成に近づいたり、

変化する原動力となります。

なるほど!

目標達成に近づけるなら、

自分の香りを持っておきたいですね。

アーティストの気分で香りも創る


今回のワークショップでは、アートと香りの融合もテーマにされていると伺いました。

具体的にはどういった内容でしょうか?

「アート(芸術・美術)は目で見て楽しむ

音楽は耳で聞いて楽しむ

そこに、

香りを嗅いで楽しむをプラスしたいです。

写真一つとっても、

構図や明るさに作者のこだわりやストーリー

があると思うんです。

その思いやストーリーを汲み取って香りを創る。

より作者の表現したいことが伝わるようにしたい。

五感をより刺激することで、感性・表現も広がることを知ってほしい。

そのために今回のワークショップで

皆さんに体感して頂きたいと思います。」

香りで世界を変えたい


香りについて、

情熱的に語るmadokaさん

なぜそこまでの思い入れがあるのでしょうか。

「大学では生命工学を専攻していましたが、

科学的な分野以上に、

昔から香りに興味があったんですよね。

アロマセラピストという仕事がある事を知って、

面白そうと感じて。

大学3年生の時に、地元の徳島を離れて、

大阪にあるアロマの専門学校に入りました。

アロマセラピストは、

アロマでマッサージして癒す

というもの。

海外では医療として主流になっている国もあります。

学ぶ中でアロマの奥深さを知り、

香りでこんなにも人をサポートできるんだ!という事も体感したんです。

もっと香りでいろんな可能性を広げたい。

香りで世界を変えたいんです。

最終的なミッションは教育


見た目はかわいらしいmadokaさん。

そのかわいらしい姿に秘められた思いとビジョンは壮大でした!!!

「最終的には

教育分野に香りをとりいれたい。

周りを見ると、疲れてる大人が多い。

でもその反面、面白いことをやろうとしてる大人もいる。

どんな大人になるかって、

小さいうちから、

何に触れてきたかなのかなと思うんです。

だから、小さい時から

香りを通して感性を広げて、

いろんな世界がある事を知って欲しい。

将来の可能性の幅を広げてほしい。

そのために教育に一つのツールとして、香りを取り入れていきたいと考えています。」

でかいビジョン!!応援したくなりますね!

今後のmadokaさんの活躍に期待大です。

madoka
IFPA認定メディカルアロマセラピスト
セントカウンセラー/コーディネーター
アロマ空間デザイナー
徳島県生まれ。
アロマで空間ブランディングを行う会社に勤めながら、
数多くのアロマのワークショップを開催

クラウドファンディング成功例




SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加