【SDGs】全員に平等にチャレンジの権利はある

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ふーちゃんです!

今回はSDGs第五弾ということで

平等や、まちづくりについて考えていきます。

前回記事はこちら★

こんにちは ふーちゃんです。 今回は、第四弾♪ 働き方と経済について書いていきたいと思います。 SDG...

SDGsって何?って人はこちらの記事を参考に★

SDGsについて学んでみる みなさんは聞いたことありますか?! SDGs(えすでぃーじーず) お恥ずかしな...

目標10:

各国 及び各国間の不平等を是正する


 

みなさんはこの目標を聞いたとき、どう思ったでしょうか?

実は、世界の最富裕層の10%全世界の所得の40%近くを占有しているんです。

それに比べ最貧層が全世界の所得に占める割合は、わずか2%から7%にすぎません。

人口規模を考慮に入れると、開発途上国では所得格差が11%拡大しているそうです。

こうした所得格差の理由には、様々な要因があります。

それぞれに対する解決法は下記のようなものが挙げられています。

 

・金融市場・機関の規制と監視を改善

・必要性が最も大きい地域に対する開発援助と外国直接投資の促進

・安全な移民を促進し、人々の移動性を高める

うーん、これはなかなか、私たちの個人の活動では難しそうです。

 ただ一方で

金融市場となると私たちの生活にも直接的に関わってきます。

 

日本も、当然日本だけでは発展してきていません。

欧米の文化、アメリカの文化、いろいろなものを取り入れた歴史があり

流通も発達したからこそ

現在わたしたちは豊かに暮らせているのかもしれません。

 

クラウドファンディングでは、

女性の社会進出や人種、国によらない支援が可能になります。

自分がやりたい!と思えば、共感してくれる人が

こんなにいるんだということも発見できるかもしれません!

スケールに制限はありません!

日本を超え、世界を巻き込むような

1つずつの積み重ねが世界の不平等をなくす目標達成に向かうと思っています。

 

【参考】

http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sdg/post-2015-development-agenda/goal-10.html

目標11:

住み続けられるまちづくりを

住み続けられる街づくり(持続可能な都市)

包摂的で安全かつ強靭で持続可能な都市および人間居住を実現


 

増え続ける人口に対して、

街づくりはその街の向かう姿をイメージしながら形成していく必要があります。

建築の世界では「都市計画」という部門があるほど。

これは過去、人口が増えるにあたり無秩序な発展をした際に

居住環境の格差、衛星的な影響など様々な問題が起こったからです。

「地図上の直線距離だと遠くないのに、蛇行ばっかりさせられ遠くなる。」

一見、何を言っているのかと思うかもしれませんが

地図を見たら近く感じたのに

目的地まで意外と遠かったなと思うことありませんか?

これは、目的地までの道のりの間に

建物であったり、行き止まりがあったりして

遠回りをしているからです。

道が増えすぎてしまったり、無秩序に建物を建ててしまうと

とこのようなことも起こりやすくなります。

特に都市部での人口増加は顕著です。

人口が増えても住民が暮らしやすく、

居住環境の格差を小さくしていくためにこの「目標11」が必要となります。

日本では、女性が働きやすい、育児のしやすさから居住場所を選ぶのではなく

どこにいっても、住みたい場所が選べること。

また、地方では、都市部にアクセスしやすい環境を整えていくこと。

が重要だと思います。

地域格差をなくしていくためにも

私たちは上手くいっているコミュニティからまちづくりの原因を学び、

発信することで、いかなる土地も徐々に暮らしやすい環境を

作れるのではないかと思います。

クラウドファンディングでは、

こういったまちづくりの発信のツールとして

また、実際にまちづくりに必要な資金調達の方法として

機能すると感じています。

あなたがイメージしたものは、あなたしか実現できません。

まずは、そのまちで暮らしていく価値、暮らすイメージを発信することも

まちづくりへの第一歩かもしれませんね。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。