SEから社長へ!女性起業家の小島さんに取材してみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かとぴーです。

今回もまた、すごい方を取材してきましたよ!

ランジェリーブランドBELLE MACARON(ベルマカロン)代表小島さんを取材しました♪

先日私たちYouMe Kanattaチームは、なんとあの月間PV数10万のサイト『美人カフェどっとこむ』様と提携させていただくことになりました。

↓こちらの記事です↓

かとぴーの無謀なアタックにも関わらず、伊藤様はぜひ前向きに検討したいとご連絡いただき、実現しました。こちらの編集長伊藤良一さんと熱い想いを酌み交わした話はまた後日。

今回お話頂いたのは、伊藤さんからご紹介頂いた敏腕女社長。

【株式会社ashlyn 代表取締役社長】小島さんです♪

とても笑顔が素敵。女社長はやはりオーラがあります。なんとなく小島さんのイメージカラーがピンクなのでピンクにしてみました。

会社員だった時代は、大手の通信会社にてシステムエンジニアをされていたという小島さん。

そんな小島さんが今や全く当時とは関係がないランジェリーブランドという業界での敏腕社長。どういうこと?!これまでの小島さんの人生、伺ってきました。

自分の悩みがものづくりへのきっかけとなった。

元々全く起業マインドはなかったんですよ。大手の企業で安定して働きたいという気持ちが強かったように思います。」元々起業マインドがなかったという小島さん。会社員時代は、遅い時間まで会社で残業することも多かったようです。

見上げたらこんな月が出ていたのでしょうか。

そんな残業中にふと小島さんは思ったそうです。

「ブラジャーの締め付けがきついな・・・」

これは女性にしかわからない感覚で申し訳ない。男性でいうと、長さを調節できないベルトを少し無理してぎゅっと着けた窮屈な感じ?

なんと、この小さな悩みがきっかけの1つとなり、小島さんの歩みが始まりました。

『自分が心から欲しいと思うもの』がないなら、自分でつくってみたい。

今から約3年前。もう少しラクに着られるかわいいブラはないか?と小島さんがネットショップや小売店など色んな場所で探しても、なかなか見つからなかったそうです。

あっても、あまり可愛くない・・・

当時からノンワイヤーというとシンプルなデザインが多く、若い人が身に着けるのはちょっとと思う肌着ばかり・・・

「それで、ないなら自分で作れないかな?と思ったんです。」ここでかとぴー驚愕。その発想がすごすぎます。小島さんはこの発想に至ってから、数多くの工場や商社を自らあたり、今のレースを使用した美しいノンワイヤーブラが誕生しました。

かとぴーの素朴な疑問。「やりたいとは思っても、出来るかどうか分からず不安で一歩を踏み出せない方も多いと思います。どうして、そんなに行動できるんですか?」

「工場や商社に問い合わせるだけなら、特にコスト的なリスクはないじゃないですか。やれることから、やってみようと思ったんですよね。」行動力がハンパじゃない小島さん。ただ、確かに考えているだけでは何も始まりませんよね。

小島社長のチャレンジは、ここからが勝負でした。

ノンワイヤーブラついに発売!2度のクラウドファンディングを経験。

次に小島さんへ、クラウドファンディングに取り組んだ経緯について伺いました。

「ブラジャーを作って販売することは決めていたので、本当にこれがネット販売で売れるかどうか?1回目のクラウドファンディングはテストマーケティングを目的にスタートしました。

発売当初はノンワイヤーブラは薄いピンクと濃いピンクの2色展開でCampfireにプロジェクトを立ち上げ、出展しました。」

こうして小島さんのクラウドファンディングチャレンジは始まりました。

「ただ、1回目のクラウドファンディングでは成功はしたものの、テストマーケティングとしてのデータはとれず、正直苦戦をしました。売ることの難しさを痛感した瞬間ですね。」

素直に当時のリアルな体験を明かしてくださった小島さん。

「悩みながらもその後公式サイトでの販売をしている内に、お客様から黒のデザインはないか。と問い合わせを頂いたんです。その時はまだ、初期ロット(ピンク)の在庫もある状態だったので、『これから黒を作るのか・・・』と思うと正直不安がありました。

そこで少しでも在庫リスクの負担を軽くするために、クラウドファンディングを”新色発売”として再度挑戦してみようと思ったんです。」

黒のデザインで二度目のクラウドファンディングに挑戦。

かとぴー「2回目は1回目の経験があるから相当こだわったのでは?」

小島さん「そうですね。2回目はMakuakeで出展しました。1回目の経験を活かし、様々なデザインを参考に、集客やSNSも戦略を練りながら進めていきました。」

小島さんの2回目のクラウドファンディングのページがこちら。

結果、目標金額600%以上の610,784円を達成してサクセスしています。クラウドファンディングの戦略の大切さを身をもって経験されているという小島さん。2度の経験をされて、クラウドファンディングの極意も聞いてしまいました。その極意についてはまた後日。

かとぴー「改めてクラウドファンディングの良さはどこだと思いますか?」

小島さん「何かを作り出しても、売れるためには広告費などの資金が必要になります。しかもその資金を投資しても確実に売れるという保証はありません。

私はランジェリーブランドを立ち上げてからこれまで、最初の広告費を極力抑えて、ニーズや検証を行ってから本格化するという方針で進めています。クラウドファンディングはもちろん資金調達の役割もあります。

更にそれ以上にそういったニーズや検証というものが資金を抑えてできるのが強みだと思います。もしクラウドファンディングに失敗して売れなくてもコスト的なリスクは最小限に抑えられますからね。

小島さん、本当にありがとうございました。失敗のリスクを抑えて新たな挑戦ができるクラウドファンディング。ぜひあなたも小島さんのように、想いを行動の一歩に変えてみませんか?

☆クラウドファンディングKanattaのサイトはこちら☆


株式会社『ashlyn』

小島さんが経営されている会社ashlynは、ノンワイヤーブラ専門ブランド『BELLE MACARON(ベルマカロン)』を取り扱っています。見た目も可愛く、ラクに身に着けられるノンワイヤーブラ。ご興味のある方はのぞいてみては?

<ベルマカロンのサイト>

広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。