仕事と音楽を両立する女性を取材しました!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ふーちゃんです!

今回、取材させていただいた方はこちらです!!

【働く女性の代弁者】として仕事をしながら音楽活動をされている

TOMOMIさん

YouMe Kanattaは夢に向かって活躍する女性を応援するメディア。

女性の働き方のモデルとして取材させていただきました!!

女性が自己表現できるようになっていけたらという想いを持ちながら活動をされているTOMOMIさん。

音楽活動と仕事の両立について、TOMOMIさんの想いを余すことなく伺いました!

音楽活動のきっかけ

ふーちゃん:TOMOMIさんのプロフィールと現在の活動の経緯を聞かせてください。

TOMOMIさん:もともとは沖縄出身で学生の頃から音楽をしていました。

中学のときは吹奏楽部、高校では軽音楽部でした。そして大学では軽音サークルに

入り、そこで初めてボーカルをやることになったんです。

サークルで音楽活動はしていましけど、音楽活動だけで食べていくことはできないだろうって感じて、就職で関東にいくことにしました。

就職で関東に来てから音楽活動はやっていなかったんですけど、知り合いのライブを見に行ったときにたまたま私が音楽をやっていたときのファンの方と会いまして。

そこで、関東では歌わないのかって言ってもらったことがきっかけですね。

しかも、相手との接点もあまりないのに、

応援してもらえてたことがすごい嬉しかったんです。

「働く女性の代弁者」

ふーちゃん:現在、音楽活動はどのようにされているのですか?

TOMOMIさん:平日はシステム会社で営業をしながら、土日を使って音楽活動を行っています。

その中で、自分に歌えることはなんだろうと考えて

「働いている女性でもチャレンジできる」

ということは今の自分で伝えられると思って。

今は、来てもらうお客さんに最大限のパフォーマンスを見せたいので

ライブの質を上げるためにも月に1回のライブをしています。

これまではカバー曲を歌うことが多かったんですが、

今年はオリジナル曲にも挑戦していきます!

ゆくゆくは地方から応援してくださる方に会うためにも

地方ライブや全国ツアーライブとかもやってみたいです!

最新のカバー曲こちら☆

音楽をやっていて嬉しいこと、大変なこと

ふーちゃん:音楽活動をしていて嬉しいことは何ですか?

TOMOMIさんリアルに応援してもらって、言葉をもらえることが嬉しいです。

その応援が原動力になって活動を続けています。

ふーちゃん:逆に音楽活動をしていて大変なことはありますか?

TOMOMIさん:大変なことは時間を作ることです。

仕事と両立をしているので、ライブに向けての練習やファンの方とのコミュニケーションをもっと取りたいなと思うときはあります。

また、応援してくださるファンの元へ遠征するときの費用や時間を作ることも今後の課題ですね。

女性は、もっと自分を表現していい!

ふーちゃん:これからチャレンジしていく女性に伝えたいことはありますか?

TOMOMIさん:私は年齢や性別に関わらず、もっと自由にチャレンジしてもいいんじゃないかなと思っています。

自己表現を大事にしてほしいです!

もっと自己表現をしていっていいんだと、私の姿でみせていけたらと思います!

仕事しながらでも元気にやっていけるぞって。

取材を経て

営業のしごと、音楽の仕事、どちらかだけではなく、どちらも全力で取り組み”女性の働き方のモデルになる”という目標に一直線に向かうTOMOMIさんにエネルギーをいただきました。」

ふーちゃん:今後やりたいことやビジョンはありますか?

TOMOMIさん:今やっていることを掛け合わせられたらと考えてます。

営業の仕事と音楽活動に共通して言えることが、

どちらもやっていて喜ばれる感覚があることなんです。

なので、この2つの経験を使って何か作れたらと思います!

仕事と音楽を両立させているTOMOMIさんは本当に素敵です。

音楽活動を再開した理由も

今何ができるかという視点で人への貢献の気持ちからきているところがスゴイです!

ライブの会場も人のつながりで継続的に場所をとっているというお話からも

周りの人を大事にしていることも感じました!!

TOMOMIさんとお話させていただく中で、

女性がもっと活躍できるフィールドや環境の必要性や

サポートしていくことも大事だと感じました。

私も何か挑戦してみたいと思ってしまうぐらい

これからのビジョンにワクワクしているTOMOMIさんの姿が印象的でした。

最新ライブ情報はこちら☆

女性の働き方、ママさん経営者へ取材した記事はこちら☆

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。