魅力を引き出すメイクでさらに綺麗になる方を増やしたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内面も外見もキラキラ女子うめゆかです(๑>◡<๑)

突然ですが、プロのメイクってやっぱすごいなって思いませんか?!

30歳を超えて思うのが、流行に関係なく自分の魅力を引き出してくれるメイク方法を知りたい!!ということ♪

第一印象が3年続くという事は、顔の印象を変えるだけで素敵なメンズとお近づきになれるということ!!!(おおげさかもしれないけど、超重要です!)

今回は滋賀県出身で18歳からメイクの勉強を始めなんと、クラウドファンディングサービスkanattaで起案したら、公開1週間で目標金額を達成した上杉さんにメイクにかける思いを取材してきました☆

メイクの世界に飛び込んだのはいつですか?

「メイクに目覚めたのは中学時代。目の下のクマとつり目のコンプレックスをどうにかしたく、友人たちと一緒に始めたのはきっかけで、気がつけば中学3年生の休みの日はフルメイクをして出かけていました。」

「高校時代も友人のヘアスタイルをアレンジすることやメイクをするのが好きで、好きなことを仕事にしたいと思い、大阪にあるメイクの専門学校に入りました。」

この世界に入ることに迷いはなく、ここから様々な経験を積んでいきます。

メイクをするうえで大切にしていることはなんですか?

「いままでモデルから高校の同級生までメイクをした人数は800人以上。担当してきて思うのは、自分を一番引き立てるメイクとは『足りないところを補う』ではなく、『良いところを伸ばして綺麗に整えていく』メイクだということ。」

「日本人は、どんなことに置いても『失敗しちゃいけない』と思いがちで、自分の足りないところを見るクセがあると思います。そうではなくてちゃんと自分が本来もっている素敵なものを活かしつつ、より良くするためにはどうするかを考えればいいと思います。」
800人もの方の魅力を引き出してきた上杉さん。メイクを通してその人の素敵なものを引き出す努力をされ続けていることが伝わってきました。

ズバリ、上杉さんにとってメイクとは?

男性で言うスーツのようなものです。女子ならば、着ている男性が3割増しに見えるスーツマジックに誰もが一度はかかったことがあるように、メイクもしている自分を3割以上魅力的に出来る力があります。身だしなみとして、ただなんとなく化粧をするのではなく、じぶんらしさをもってメイクをすることで自分の自信にも繋がると思います。」

確かに、うめゆか自身もメイクの仕上がりが良いと、それだけで気持ちも晴れ晴れした経験があります♪メイクの力って偉大!!!

今後、夢や目標を叶えるためにチャレンジする人に伝えたいことは?

まず行動することが大切!失敗をするのは当たり前で、そこから改善することの繰り返しです。今回のクラウドファンディングのチャレンジもそうですが、やったことがないので、初めはどんな文章にしたら良いかすらわからなかったんです。」

「何回か書き直してスタッフさんにアドバイスをもらいながら書きあげていくと必然と伝わる文章になっていきました。やりたいことを手助けしてくれるマジックのようなものがあるのだから、あとは動くだけだと思います♪」

このチャレンジの先に『2023年までに、誰がみてもわかりやすいメイク本を出版したい!』と大きな目標を掲げて行動中の上杉さん!

インタビュー中も「みんながWINWINになれるように動きたい!」と終始笑顔の中に力強さを込めて話して下さいました。

毎日するメイクだからこそ、この機会にしっかりとプロに学んで自分マジックにかかってみても楽しいかもしれません♪
気になるプロジェクトと上杉さんHPはこちら☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。