男の子あるある~男は生まれた時から男!~

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男は生まれた時から男だった!男の子のママ代表づ~が体感した男エピソードをご紹介します!

皆さんこんにちは、6歳の男の子のママ づ~です。
日夜、子育てに奮闘している全国のママ達に心から言いたい、

本当にお疲れ様です!!

子供って小さくても、しっかり男女差があり

どちらの良さも大変さもありますよね。
私の周りは不思議なことに男の子のママだらけです。

そのママ達の間でよくかわされる言葉が

「男の子はやっぱり小さくても男よね~」

女の子のママには新鮮!?

男兄弟が居た方は納得!?

今回は男の子あるあるをご紹介します。

1. 止まれない

0歳児時点で顕著に男女差が出るくらい、男の子はずっと動いています。

歩き出すと、少し目を離したすきに居なくなったり、

走れるようになると、思わぬところで急にダッシュするのも男の子。

親はびっくりしますが、

本人たちは至って楽しそう。

同い年くらいの女の子と比べても全体的に筋肉質で固く、抱っこするとズッシリします。

子連れでゆっくりランチなんてできません。

2. 聞いてない

「…わかった!?」(母)

「…え?」(男の子)

なんてやり取りは、男の子のママにとっては日常のコミュニケーション。
時にはパパとダブルで聞いていないことも。

(これはとっても腹が立つ)

保育園にお迎えにいくと

叫ぶ先生!

聞いてない男の子たち

そのやりとりを冷ややかな目で見る女の子たち

という場面に何度も出くわします。

お話をするときも女の子と比べ、

擬音が多く、なんだかよくわからないことも。

その日あった出来事も聞かなければ話しません。

でも、なんだか毎日楽しそう。

3. 覚えてない

忘れ物が多いのもダントツで男子。

うちの息子は小学校に入学して1週間で鉛筆を3本無くし2週間で色鉛筆を2本無くし、上着を着て行っては学校に忘れて、4枚くらい学校に置いてある状態という筋金入りのわすれん坊。
同じクラスの女子がとても大人に見えます。
手に書いても、朝言い聞かせても、一向に覚えていない様子。
ここまでひどいのはうちだけかもしれませんが。

焦る母に対して

本人は全く気にしていない様子。

それどころか、クラスの先生曰く、だれよりも

はりきって授業を受けている、やる気満々1年生

のようです。

4. 若い女の人とおばちゃんでは態度が違う

物心はついていなくても、女性を見分ける能力は早々に身に付くようです。
言葉も話せないような幼児も

綺麗な女性にはもじもじしたり、逆にやたらなついたりと

「君も男なんだね~」と思わず言いたくなるような反応をします。
一方、おばちゃん相手には、わがままを言ったり、時には戦いごっこの相手にしたりと明らかに態度が違う。
これも男の性なのでしょうか。

5. やっぱり男のシンボルは特別

1人がパンツを脱ぐとまるで儀式のように何故か全員が脱ぎだしたり、ちんちんを見せ合っての挨拶をしたり、やはり子供の頃からちんちんは特別なもののようです。
そしてこの手の話題は間違いなくテンションが上がるところを見ても、男性の下ネタ好きはDNAに刻み込まれているんだなあと感じます。

意味もなく脱いでいるように見えますが

彼らにとって大事なのは

面白いかどうか?です。

そのためには、ママに怒られる事承知で、パンツを脱ぎます。

いかがでしたか?

ちなみに、世界で一番ママを大好きでいてくれる王子様

も男の子です♪

アホなところも、大変なところも含め、かわいい存在。

子育てに悩んでる時や、疲れ果てたときこそ、彼らの天真爛漫さに目を向けると幸せな気分になれますね。

ママ達に見ていただきたい記事はこちら↓

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。