忙しすぎる社会人に癒しのコワーキングスペースを★

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!!
さーちゃんです!

今回は忙しすぎる社会人に癒しの空間を提供するためにクラウドファンディングを立ち上げた山本宝さんを取材しました★

笑顔が爽やかな宝さん♪

お会いした時、宝さんはすごく爽やかな笑顔で登場されました。

・・え!めちゃくちゃキレイ!
カラッとした印象で、ニコニコされているのでいきなり心を奪われました!!
でも取材をさせていただく中で、宝さんの今までのご経験やその行動力に驚きました!

こんなにも自分のほしいものに真っ直ぐな人はカッコイイ♡

今回取材した場所は宝さんがクラウドファンディングでつくられた癒しのコワーキングオフィスROUGH LABOで。
癒し空間のオフィスROUGH LABO♪

宝さんが提供しているオフィスは女性目線で居心地の良い空間がつくられていて、時間の流れを忘れてしまいそうな癒し空間でした。

グリーンのカーペットがひかれていて、ふわふわのクッションやソファーが並んでいます♡

思わずゴロゴロ転がりたい!!という衝動をなんとか抑え、宝さんがクラウドファンディングを始めるまでの経緯について取材させていただきました。

ROUGH LABOを始めたきっかけ

さーちゃん:クラウドファンディングを使ってROUGH LABOを始めたきっかけはなんですか?

宝さん:社会人1,2年目に話がさかのぼるんですが、元々人材紹介会社で働いていました。当時は毎日ミーティングとアポイントがあり、スケジュールがぎっしりで。時間がなく、心の余裕がない状態がずっと続いていました。

さーちゃん:人材紹介会社って平日休日関係なく働いているイメージですごい仕事量ですよね・・

宝さん:今の仕事以外に、何かやりたいと思っても時間がないから考える余裕もない。そのまま会社にいても自分のほしい将来は手に入らないのではと不安がありました。
なので2年経って退職し、そこからまず資本金を貯めようと考えて、3ヶ月バイトを掛け持ちして100万円貯めたんです。

さーちゃん:3ヶ月で100万?!?!

宝さん:そうです。毎日納豆生活でした!(笑)
頑張って貯めたんですが、一度起業を親に反対されたことがきっかけで何かを始めるモチベーションを失ってしまいました。せっかく貯めた100万円も現実逃避するために旅行に行って全部なくなりました(笑)

さーちゃん:えーーーー!一度は挫折を経験されたんですね!

右側が宝さん♪
宝さん:1回すべてなくなったんですが、やっぱり自分は前向きになれるような居場所が欲しいとおもったんです。それも、やりたいことを口にだして、みんなに背中をおしてもらえる場所をつくりたいと思って。
具体的には自分が求めていたような、リアルに人と人がつながる場所をつくろうと思ったんです。情報をとるだけじゃなくて、将来起業を考えている人が一歩前にすすめる場所を。
そこからもう一度資金として100万を貯めようと思ったんです。

さーちゃん:2回目も同じようにバイトと納豆生活だったんですか?

宝さん:いいえ。どうやったら同じように資金を貯められるかな?と考えていた時にちょうどクラウドファンディングを知ったんです。

さーちゃん:1ヶ月954,000円達成されていますね。すごい結果!

宝さん:リアルに人とつながる場所をつくりたい!と自分の夢を口にだして色々な人に話していたら、「それだったらこういう人がいるから会ってみたら良いよ!」と、たくさんの先輩方に紹介してもらえました。

そこでたくさんご縁ができたし、先輩の経営者さんたちにはそれぞれの方に「経営に大切な3つのこと」を聞いてまわりました。その時のご縁や教えていただいた知識がクラウドファンディングをやる時はもちろん、今でも役立っています。

さーちゃん:なるほどー!めちゃくちゃ役に立つ情報がたくさん得られたんですね★

宝さんのクラウドファンディングのプロジェクトページはこちら!

コワーキングスペースと飲食店の同時立ち上げ?!

さーちゃん:コワーキングスペースだけでなく、働く女性のための飲食店「フィッシュバーガー専門店SALUSALU」という
飲食店もされてましたよね?
関西唯一のフィッシュバーガー専門店♪

宝さん:そうなんです。大阪の扇町駅近くにクラウドファンディングを利用してROUGH LABOの1店舗目を出したんですが、そこを一度閉じて江戸堀にオフィスを移すことにしたんです。

オープンするビルが決まり、これからコワーキングスペースを新たに立ち上げるぞ!と意気込んでいたら、ビルのオーナーさんに、「1階のカフェも今空いてるんだけど、どう?」と聞かれて。

これがきっかけで、「飲食店やってみたいと思ってたんです!」とオーナーさんへ伝え、コワーキングスペースと飲食店同時に立ち上げることになったんです。

さーちゃん:同時に?!一つだけでも大変そうなのに!

宝さん:大変でした!!(笑)コワーキングスペースを1つだけ立ち上げるつもりでお金も準備していたので、いきなり2つ立ち上げることになって。でも経営は実践してみないと何もわからない!と思っていたのでチャンスと捉えてチャレンジしました。

さーちゃん:すごすぎる・・!

宝さん:そこからは本当に試行錯誤で。飲食店は初めてだったし、マネジメントも手探り状態。

さーちゃん:私だったら失敗したらどうしよう??と思ってチャレンジすることに怖気付いてしまいそうです。

宝さん:元々周りの人に「カフェをやる!」って言って会社を辞めていたので、やるって口で言っていたのにやっていない状態が嫌だったんです。
実際立ち上げてみてわかることの方が多いですし。
一番左が宝さん♪

飲食店をやってみて、自分は何かをプロデュースすることが得意だけど飲食店のマネジメントはプロに委託した方が良いということがやってみたわかりました。今はROUGH LABOをどんどん展開させて行くことに力を入れています!

さーちゃん:まずやってみる!!の前提が行動につながっていくんですね〜ふむふむ。

宝さんの飲食店の記事はこちら!
現在はレンタルキッチンとして展開されています♪

もっと働く女性がニコニコできるように

さーちゃん:今後はROUGH LABOでどういうことを展開していく予定なんですか?

宝さん:色々考えているところです!もっともっとうきうきニコニコしている働く女性が増えたら嬉しい。それを軸にして、女性が喜ぶような事業を提案し続けたいんです。

さーちゃん:よく2,30代は失敗しても良いからチャレンジするのが良い!!と聞きますが、宝さんは本当にそれを体現されていて。

何よりも宝さんがうきうきしているのが伝わってきます!

たくさんの仲間と笑顔の宝さん♪

宝さん:そうですね!自分が楽しんでいる姿が伝染すると思ってます。何かにチャレンジしたり、一歩踏み出したりするのって大きそうに見えて実は小さいと思っています。例え失敗しても、元の会社員に戻るだけだと思っていますし。

今の自分は今この瞬間しかないので、仕事もプライベートも思いっきり楽しみたいと思って毎日過ごしています!!

さーちゃん:今後どんなチャレンジをされていくのか、楽しみで仕方ありません!!
宝さん、ありがとうございました!
私も働く女性の一人として、たくさんチャレンジしていきます★

★ROUGH LABOやレンタルキッチンを利用したい!という方はこちら!
★宝さんのtwitterはこちら!
★宝さんのfacebookはこちら!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加