~マザレス~母を亡くした女性に寄り添い、話せる場所を提供したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ふーちゃんです。

今回は、Readyforで起案し、30万の目標金額を達成した昭和女子大学現代ビジネス研究所の臼田明子さんへ取材させていただきました!

臼田さんは「マザレスお嬢の会」という団体を立ち上げて、母を亡くした女性が自分の思いを語る場や同じ境遇の人と共感ができる場を作る活動をしています。

今回Readyforで起案したきっかけやマザレス団体の設立について、取材させてほしいとお願いしたところ、快く引き受けてくださいました!

☆臼田さんの起案ページ☆

臼田さんが活動しようと思ったきっかけから、この活動の今後までをうかがってきました。

きっかけは、自身の体験から

 

うたちゃん:マザレス団体を立ち上げようと思ったのは、きっかけがあったのでしょうか?

臼田さん:活動をはじめようと思ったきっかけは27歳のときに、母が亡くなった経験からです。

そのことから4つのことを思うようになりました。

人生は有限であること

自分の母はやりたいことをやれた人生だったのか?

家庭を持ち、次世代を作りたい(子どもが欲しい)

同じ経験を持つ人の役に立ちたい

マザレス団体の立ち上げは、特に4つ目からきていて、自分のような同じ経験を持つ人の役に立つにはどうしたらいいだろうと考えたときに、自分の経験を生かして出来る事を考えました。

学童保育の研究をしていたことから子どもが親や先生以外の大人と話すことの重要性、オーストラリアでフェミニズムの研究をしていたことから、女性の中でも特に弱者をエンパワーをする価値観がいいなと思っていたのも、理由の一つです。

マザレス女性の声を集めて、イベント開催まで

ふーちゃん:実際に団体をたちあげてみて、どうでしたか?

臼田さん:団体を立ち上げたものの、最初は共感してくれる人が中々いなかったですね。

話してみないと分からないなと思い、マザレスの方は本当は何を求めているのか実際に聞くためヒアリングを始めました。

友人達からマザレス女性を紹介してもらい、ひとりひとり、丁寧にお話を聴きました。

そのヒアリングから分かったことは、同じ境遇の人と話す場がほしいという思いでした。

それを聞いて、イベントをやろうと思ったんです。

2017年11月から、マザレスの方へのヒアリングスタートをし、5・13の母の日にイベントを開催しました。

母の日にイベントをやるということにも意味がありまして、マザレスの人にとってこの日を悲しい日にしたくないという思いも込めて、あえてぶつけました。

やらなければ分からないこともある

ふーちゃん:今回イベント開催にあたり、クラウドファンディングを活用されていたと思うのですが、実際やってみてどうでしたか?

臼田さん:まずイベントをやろうと考えたときには資金が必要になりますよね。

クラウドファンディング自体は自身がはじめる1年前くらいから知っていて、実際、多額の資金調達を成功させている方もいたので、やってみようかなと思ったのがきっかけです。

もともとの知り合いだった記者さんたちが興味を持ってマザレスの活動について新聞で5紙、WEBで2記事、掲載されることになったことで、活動が広まって結果的に達成することができたんだとは思ってます。

掲載されることとなったのは、Facebookなどでイベントの告知をしていたこともあったのもあったと思います。

うたちゃん自分の思いを発信していたから、そうゆうことにつながったのですね。

臼田さん:そうかもしれません。結果的にイベントには、24名が参加し、無事終えましたが、やってみて気づいたこともたくさんありました。これは次回に生かしていきたいと思っています。

今後は勉強会とのコラボも視野に

ふーちゃん:今回イベントが終了したわけですが、今後はどういった活動をしていくのでしょうか?

臼田さん:今回の反響は大きくいろいろな方からメールをいただき、連絡を取り合ったりしています。ですから、3か月に1回はイベントしたいですね。

年1回のシンポジウムなども考えています!

関西や地方での開催、パパ会、専門家を呼んでの勉強会なども考えてます!

ふーちゃんうたちゃん:それいいですね!

臼田さん:残念ながら、毎年新しくマザレスになる方はおられます。

その人たちが実際に来て話せる場所をもっと多く作っていきたいです。

無理にとは言いませんが、こういった場所で悲しみを克服した人を見て、少しでも自分も頑張ろうと思えたらいいと思っています。

悲しみはゼロにはならないけどうまく付き合えるようになることが大事と思っています。

今もなお悩んでいる人に対しても、何か支援をできたらと考えています。

そしてこのイベントで参加をした人は、話す側でなく、次は聞く側になれる人を増やしていきたいですね。

たくさんの経験をお話してくださった臼田さん

自身の経験や思いから、こういった活動を広めていってるのを見ていて、本当に役に立ちたい思いから来ているんだなと感じました。

そして今もなお悩んでいる方へこの活動が広まっていったらと思います。

☆臼田さんの起案ページはこちら☆

☆マザレスお嬢の会 Facebookはこちら☆

☆マザレスお嬢の会 公式HPはこちら☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。