【SDGs】パートナーシップでクラファン達成へ

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ふーちゃんです。

いくつかに渡って書いてきたSDGs記事が今回ラストとなりました!!

目標17が、クラウドファンディングを通してどのように貢献していくかについて書いていきたいと思います。

まずSDGsって何?という方はこちらからお読みください。

SDGsについて学んでみる みなさんは聞いたことありますか?! SDGs(えすでぃーじーず) お恥ずかしな...

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう


この目標は、今までのひとつひとつの目標を達成するためには各国の力を合わせることが必要になってくることを示しています。

先進国と発展途上国、それぞれが役割を果たし、お互いに目標に対して近づいていくような関係性でいることが、大事になります。

私たち一人ひとりにも、問題解決のためにできることは数多くあります。

2030年の世界を変えるために、SDGsという目標を世界のリーダーたちが決め、国連が掲げいますが、これを実現させていくのは、今生きている私たちです。

国連がかがげている目標ときくと、自分にはあまり関係がないことだと感じがちですが、実はそんなことはありません。

具体的に、私たちひとりひとりの毎日が今よりもよくなること、よくなると期待できる社会であることが、この17番目の目標だと感じています。

そのためには、どうすればよいか?

個人の力は小さく、どうすることもできないことでも、三人寄れば文殊の知恵ではないですが、自分とは異なる人の考えが加わることで解決の道が開くことはよくあります。

自分の背丈以上の大きな岩を動かすのに一人の力では到底ムリだとしても、100人が同じ方向にむけて、力を出して岩を押すと、びくともしなかった岩が動くという話があります。

それぞれの個人の力では出来ないことも、世界が力を合わせれば、出来ることがあるとおもっています。

誰かの役に立ちたいと思う人。

自分ひとりではどうすればいいか途方にくれている人。

そんな人たちの想いを繋げ、形にしていくことができるのがクラウドファンディングというツールです。

クラウドファンディングは、起案者と支援者の信頼関係によって成り立っており、まさにパートナーシップで達成を作り上げていきます。

またKanattaでは、こんなことがしたい!という人の思いを形にしていくために、Kanattaスタッフがサポートに入り一緒に考えていきます。

社会的な課題解決が事業機会を生み出すとして、

日本社会においても、各企業はこのSDGsを「国連から降りてきた目標」として受け身に捉えるのではなく、「大きなビジネスチャンス」として捉え新たな動きを打ち出しています。

SDGsとクラウドファンデングを通して書いていきましたが

まずはひとりひとりが何が出来るかを考えていくこと自体が

目標達成へ向かう第一歩であると思いました。

YouMe,KanattaはSDGsに対して、様々な方面から参画していきます。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。