訪問医療の現場に栄養士を! ~高橋瑞穂さん~

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅訪問管理栄養士として活躍する、高橋瑞穂さんを取材しました!

こんにちは。かおりんです。

みなさんは、「在宅訪問管理栄養士」という仕事を知っていますか?

「在宅訪問管理栄養士」は、

療養者や家族の立場や思いが分かり、

最期まで口から食べられることを支援できる管理栄養士です。

また、療養者や家族(介護者)が悔いを残さないような療養生活を送るための、

食・栄養の支援者でもあります。

https://www.dietitian.or.jpより引用

最期までおいしいものが食べたいと誰もが思いますよね。

在宅医療にとても重要な「食」という分野の

プロフェッショナルなんです!

そんな私たちの存在を、いろんな人に知ってほしい!と

kanattaでの起案に挑戦された、

在宅訪問管理栄養士の高橋瑞穂さんにお話を伺いました。

高橋瑞穂さんの起案はこちら

管理栄養士になろうと思ったきっかけはなんですか?

瑞穂さん:進路を決める時に資格の本を見て、

臨床心理士か管理栄養士がいいなぁと直感で思ったんです。

当時、数学や化学の方が得意だったので、

それなら理系に進もう!と思い、

管理栄養士の方に進みました。

母は私が小さい頃から

お菓子教室や料理教室、パン教室に通っており

私はお菓子教室に連れて行ってもらったり

母が料理教室で習った料理を家で作ってもらったり。

また、お菓子作りに興味を持った時

母が教えてくれたのですが

プロが使う器具が揃っていてなんでも作ることができました。

私が作って、家族や友達が喜んでくれて、

嬉しくなってもっとたくさん作って…

自分でレシピを工夫してアレンジするまでやっていました。

食に興味を持つ環境は十分整っていたと思います。

大学卒業後は、委託給食の職場に行きましたが、

もともとは病院の栄養士志望だったんです。

病院に栄養士は1,2人のみなので、狭き門なんですよね。

まずは実務経験を積もうと思って働いていましたが、

急にふと、

「食材を切ってる場合じゃない!!」

と思ったんです。(笑)

そこから、健康保健施設の勤務を経て、病院に正社員として就職しました。

6年間病院で働きましたが、

上司が優秀な方で、

人としての部分でもたくさん教わりました。

栄養士会などの公的な研修会だけでなく、

多種多様な医療従事者がいる有志の勉強会にも参加し始めて、

チャレンジすることの楽しさを学んだのもこの時ですね。

かおりん:自分の直感を信じて突き進むタイプなんですね!!

念願の病院勤務から、

在宅訪問にシフトチェンジしたのはなぜなのでしょうか?

病院から、在宅訪問の分野に

瑞穂さん:在宅訪問管理栄養士になったのは、

おばあちゃんが最期まで、

病院ではなく家で過ごしたいと言って

私の母と伯父が懸命に介護していた

ことが大きかったです。

私、実はめちゃくちゃおばあちゃん子で。

おばあちゃんの味で料理しますし、

おばあちゃんだったらどうするかを今も考えます。

おばあちゃんの最期に、「何を食べさせたらよいか?」と母から相談を受けて、

大好きなおばあちゃんに最期まで食べてほしいとの思いで、

必死に答えたことを今も鮮明に覚えています。

住み慣れた自分の家にできるだけ長くいたいと思うのは、

自然なことだと思いますし、

最期まで食べる喜びを提供して、

自分がお役にたてるならと思い、

在宅訪問管理栄養士として活動しようと決めました。

1件1件の仕事を大切に

瑞穂さん:在宅訪問って、人の家に入り込むので、

仕事上の関係というより、

親戚みたいな、仲良しのお隣さんみたいな感じでいたいなと思っています。

だからこそ、なんでも言える関係を作りたい。

食事を通して、一時でも幸せな時間を過ごせればと思いますし、

そのために、いかにパフォーマンスを高めるかが重要になってきます。

なので、勉強会にも積極的に参加して学んでいますね。

自分の身になれば、

患者さんにもたくさん還元できますし。

もともと、地道にこつこつやるタイプで、

深く知り合ってからの方が、

より信頼を得られる方だと思うので、

じっくり関わっていきたいです。

クラウドファンディングへの挑戦

瑞穂さん:周知活動の方法もいろいろ考えていたのですが、

一方通行ではなく、双方向で関わり合える所がいいなと思い、

クラウドファンディングにしました。

1人1人にメールやLINEをしたり、

お客さんで人脈が多い方にお手伝い頂いて、

広めてもらったりしました。

勉強会に行った時

クラウドファンディングのページを

自己紹介にも使ったりして。

面白そうだから教えて!っていう人もいました。

在宅管理栄養士を広める理由

瑞穂さん:栄養士は食事にあれこれうるさくて、

怒られるって思ってる人もいるようですし、

仕事をやる中で、

本当の管理栄養士の仕事って、あまり知られていないんだな

と思ったんです。

いいイメージを持つ人が増えると、

業界としても仕事が増えてプラスになるなと思って。

あと、地域にもっと根付いた活動ができればいいなと思っています。

町のお医者さんがあるように、

町の栄養士さんがある社会ができたらいいですね。

私のおばあちゃんは地域でとても評判がよく、

ご近所の方によく声をかけられていました。

昔のように、

地域の人が声をかけあってみんなで支え合う。

そういう繋がりのある社会にするために、

活動していけたらいいなと思うんです。

将来のビジョンは?

瑞穂さん:ゆくゆくは後輩育成などもありだと思いますが、

今は患者さんと関わりを一番は大事にしたいです。

マンツーマンの方がその人の事を深く知れますし、

人間関係が学べるので。

まず3年は、自分の技術を患者さんのために使って、

現場でしっかり経験を積みたいですね。

経験を積む中で、自ずとやりたいことも出てくると思いますし。

今はできることにチャレンジしたいと思います。

クラウドファンディングもその一つですし、

栄養ケア・ステーション(栄養ケアを提供する地域密着型の拠点で、日本栄養士会の認定が必要)

の認定を受けるために事業計画も思案中です。

基本、自分でできる力の1.2倍であればやろうと思っています。

自分の力の範囲内であれば、成長はないですしね。

友達からは、瑞穂ちゃんは家庭に入るものだと思っていたと言われ、

今の姿はかなりみんなの期待を裏切っているようです(笑)

目の前の一人を大切にしながら、前進する瑞穂さん。

管理栄養士が地域にいるのが当たり前!という社会になれば、

もっと健康で幸せな生活が送れるのではないでしょうか。

瑞穂さんをもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。