考えるな、感じろ。アート展でリフレッシュ ~ガラスの世界~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ヒロです。
突然ですが、普段リフレッシュしたい時って何してますか?

映画、スポーツ、ライブいろいろあると思いますが、

僕は、普段の生活ではなかなか感じられないものでリフレッシュしています!
それはアート!!

芸術の秋ですし、あなたもに触れてみませんか?
そんなわけで、今回は芸術の秋、「アート展」に行ってみたので紹介します。

今回行ったもの
FEEL! GLASS
開催期間:2017/11/20(月)~2017/11/26(日)
会場:スペース オー
入場料:無料
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館B3F


世界的なデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」
2015年から2017年まで出展した3年分の作品がウリということでした。

2015/ GLACIER FORMATION



氷河をイメージしたガラス空間に変化のある映像を投影したり反射させたりした作品。
イルミネーションを観ている感覚に近いかもしれません。
機械系出身の僕としては、仕組みが気になってしまいました。
聞いてみると、9台のプロジェクターで80枚のガラスパネルに変化をつけているらしいです。
その数に驚きだ…

2016/ Amorphous



『10憶倍に拡大したガラスの分子構造模型』を
4000枚の薄いガラス板を使って表現した作品。
もう数を聞いただけで、気の遠くなるような制作過程が創造できますね…
これは本当に緻密すぎて凄かった。
ちゃんと正八角形の板なんかを使っていて、配置も3Dって、、凄かった。。
開催期間に足を運ばないと2度とお目にかかれそうにないなと思ってしまう
そんな作品でした。

2017/ Touch



上の2つとテイストが変わって、ガラスに直接触れるオブジェや遊具の作品。
ガラスを太鼓の叩く面に使っていたり、
床に置く面のガラスが曲線だったりとよく考えるとアレ?と思うような部分があったり。

個人的にはこの、奥で回転している円形のガラスに絵を描きながら、
その様子を手前の台座にスマホを置いて録画できるという遊具?が気になりました。

見るだけではなく「体験」できるので知育にいいんじゃないかと思いながら見てました。
実際、親子で来ている方がよく興味を示しているようなところが見受けられました。

結論、ガラスメーカーが主催しているだけあって、
「ガラスってすごい!」と感銘を受けつつ、
今回のテーマであるリフレッシュにも勿論オススメと言えるでしょう。


作品を感じることで得られる効果
日常では考えないようなことを考えている
→何かアイディアが閃くかも
アートがわかる人間になれる気がする
→確実な答えがないからこそ、自分の感じたことだけで楽しめるようになる


以上が今回、アート展を体験してみて感じたことでした。
自分がよく知っているもの・デザイナーがあればより一層楽しめること間違いなしですが、
案外「少し気になる」くらいでも行ってみるとリフレッシュになりますよ。


リフレッシュしたい時の選択肢にアート展を加えてみてはいかがでしょうか。
探してみると案外近場で何か開催しているかもしれませんよ。

広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。