100万円の成功の秘訣~そのための努力とは~

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ふーちゃんです。

突然ですが、あなたにやりたいことはありますか?

もしそのために100万円必要ならどうしますか?

今回取材させていただいたのは、

クラウドファンディングCampfireで101万の資金調達に成功した橋本遥さん。

自分の体験を通して、命の現場を伝えたいとプロジェクトにチャレンジしたそうです。

そんな遥さんに、ふーちゃんとちあきで成功の秘訣を伺ってきました。

目次

1、自然とと共に暮らしてきた生活

2、実際にチャレンジするまでの過程は?

3、ずばり達成の秘訣とは?

4、取材後記

自然と共に暮らしてきた生活


ふーちゃん
:今回クラウドファンディングにチャレンジをしようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

遥さんクラウドファンディングにチャレンジしたのは、元々自然が好きで、もっと自然が好きという想いを自分なりに大切にしたい、自分自身が自分の言葉に一から責任を持ってやり遂げたいと思ったからです。

私は愛知県の出身で、短大を卒業してから飲食店に就職をしました。

飲食に関わっていましたが、飲食店の責任者はシェフじゃないですか。

自分自身、何事も経験しないと理解ができないという性格をしていたので、自分で責任もって働きたいけど、ここで働いているだけではシェフと同じ責任の大きさにはなれないと感じていました。

飲食店で働く中で、もっと様々な自然とのかかわり方もあるのではないか?自分が責任をもって何かをやる!ということにチャレンジしたいと思ったことをきっかけに、周りの人に「私はクラファンやる!!」って公言しはじめました。

そうするとご縁があって、CAMPFIREの社員さんを紹介してもらうことが出来て、実際にやることになったんです。

また、自然に興味を持ったのは、小さいころ、母によく草笛や食べられる野草などを教えてもらい、おばあちゃんとよもぎ餅を作った経験があったのがきっかけです。

自分でも野草を摘みに行くことが多かったので、自分が採ってきたものがご飯になるが嬉しかった記憶があります

子供の頃スーパーで野菜がお金で買えることに衝撃を受けました(笑)

自分でも摘めるのに!と思って。

ふーちゃん:遥さんが公言していたからこそ、ご縁がつながったんですね。遥さんにとって自然ってどうゆう存在でしょうか?

遥さん:よく自然を守ろうとか見かけるじゃないですか。もちろん大事だと思いますが、自然って自分たちよりも大きいものなのに、守れるのか?とも思います。

そんな大きな自然から、私たちが普段いただいている命がどのように運ばれてくるのかを知ることも大切な気がして、猟師さんや農家さんの元で修業をしと生活を共にしその経験を伝えていこうと思ったんです。

ふーちゃん:確かに、猟師さんや農家の方が実際にどうやっているかってあまり知らない人もいるかもしれませんね。

実際にチャレンジするまでの過程は?

ふーちゃん:実際にチャレンジするぞ!って決めてからはどんな流れだったのでしょうか?

遥さん:そうですね、昨年の1月にやるって決めて、2月にCAMPFIREの社員さんを紹介してもらいました。

実際にページを公開したのは5月のはじめだったんですが、その当時は飲食店で働きながらのチャレンジだったので、朝~夜中まで働いて、そのあとにプロジェクト作成したり、個別メッセージで「クラファンやります!」ってことを伝えたりしていました。

Facebookでは500名くらいの人とやり取りしてて、LINEでも200名くらいのやり取りはしていましたね。

事前準備がかなり大事だと思います。

ページを公開して、最初の3日で30%集まるようにくらい支援の約束をもらっていました。3日で30%まで達成していると成功する可能性が高いと言われています。

また急上昇に掲載されるようになるので多くの人の目に留まると同時に、あ、これくらい支援している人がいるなら、と安心して見てもらえます。

ふーちゃん:事前準備の大事さは体験を通して痛感されたんですね。700名くらいとのやり取り、、しかもお仕事されながら、、すごいですね。

遥さん:結構きつかったです(笑)

プロジェクトについては、CAMPFIREの社員さんやクラファンを経験した方からとても細かくアドバイスをいただいてました。

あとは、同じCAMPFIREで起案されている成功例はめっちゃ見ました。どんな人がうまくいっているのかを参考にして、リターンが魅力的、写真がキレイ、見やすい というページ作りを意識しました。

ずばり達成の秘訣とは?

ふーちゃん:いろんな努力をして今回の達成があったと思いますが、達成してみて思ったことはありますか?

遥さん:達成の秘訣は、事前準備と個人メッセージです!!

100万集まる大変さを本当に実感しました。

ですが、プロジェクトを進めるうちに友人が協力したいと言って、イベントやラジオで告知をさせてくれたり、支援者さんから「やりたいと思ってることを代わりにやってくれてありがとう、という言葉をいただいたりして、

人を巻き込んで、皆んなで作り上げたという実感が持てたので、やってみたことは良かったと心から思います。

何より「はしもとはるか」で責任をもってプロジェクトできたことが良かったと思います。

ふーちゃん:実際に達成して、今は全国を回っているとのことですが、どんなライフスタイルなんでしょうか?

遥さん:基本的にはバイクで活動しています。

その地域の農家の方や猟師の方に声をかけて泊まり込みでお手伝いさせてもらってます。

車だと無理して人に声をかけなくても車中泊とかできてしまうので、どうにかせざるを得ない状況を創って自分を追い込むというのをやってます(笑)

バイクだと雨でぬれたり寒かったり、誰かの家に泊めてもらわなければ!と思うので頑張ります。怖いなと思うこともあるけど、やってみれば意外とできるんじゃん!って思いましたね。

愛用のバイク♪

ちあき:なるほど!これから、何かにチャレンジしようとしている女性へ伝えるとしたらどんなことを伝えますか?

遥さん:まずは、やってみればいいんじゃないかって思いますね。

失敗してもいい経験、やらないよりはやったもん勝ち!!!

全部が全部うまく行くわけじゃないので、一つ一つやっていけばいいと思います。

究極、死ななければ良い。生きていればなんとかる。なんてね。

ちあき:まずやってみること大事ですね!遥さんの今後のビジョンはありますか?

遥さん全国回る中で出会う、根を張った暮らしの方々が羨ましくて、今後自分で住むところを見つけて、農業に集中したいと思っています。

30歳までで農業のことわかってきたかな!という状態になることが目標です。

あとは、今回の旅で出会った方々の生活や、実際に自分が命の現場での活動をSNSで発信できるように頑張りたいです。

取材後記

今回の取材は、一時的に遥さんが東京にいるわずかなタイミングで時間を作ってくださりました!(本当に3日間くらいしかいなかったそうです)

猟師のみなさんと♪

これまでの旅してきたお話を聞いていて、旅で出会った人たちや農家の方々を大事にする遥さんの姿勢があるからこそ、突然の訪問でも受け入れてくれる方が多いのだろうなと感じました。

全国をまだまだめぐっていくそうで、遥さんのワクワク感がたくさん伝わりました!

遥さんにはまだまだやりたいことがたくさんあって、これからも活動を広げていきたいとのことで目が離せません!

遥さんはTwitterでも旅の様子をあげていますのでぜひ見てみてください♪

遥さんの起案ページはこちら♪

※現在プロジェクトは終了しています。

このようにチャレンジしている女性のお話をたくさん聞ける場をKanattaでは「女子会」として用意しています!

やりたいことに一歩踏み出したい方はのぞいてみてください♪

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加