新感覚アクティビティ!アーチェリーハントを体験!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々なことに挑戦することが大好きなさうすです。

今回はなんと海外でも話題になっているというアーチェリーハントを実際にやってきました♪

普段運動していないさうすですが、初心者でも楽しめてお手軽にサバイバルゲームのような対戦ができるアクティビティでした。

この記事を通してアーチェリーハントの楽しさをお伝えしていきます。

目次

1.アーチェリーハントって何??

2.アーチェリー初体験のさうすが撃ってみた

3.練習の次は実践

4.キャッチできたあなたは”主人公”

5.いざ尋常に勝負

6.対戦を終えて

1.アーチェリーハントって何??

今回、私さうすも初めて参加したアーチェリーハントですが、一体どういうアクティビティなのかをまず見ていきましょう。

公式サイトより

  • その場に集まった方で1組5名~10名のチームを作ります。(なるべくご友人と同じチームになるよう調整します)
  • ゲーム時は安全の為にマスク着用!
  • スタートの合図で中央に置いてある弓を取り合え!
  • 飛んでくる矢を避けながらショット!落ちてる矢は拾ってOK!
  • 矢が当たったらアウト!コート外に出ましょう。
  • 弓を空中でキャッチ!もしくは中央の的を射抜けば味方が復活!
  • ゲーム終了時に残っている人数が多いチームの勝利!(1ゲーム5分~10分程度)

引用元:

アーチェリーハントとは、「アーチェリーとサバゲーとドッヂボール」が融合したようなゲームと言われているようです。

アーチェリーの矢の先端がスポンジになっていて、その矢で対戦相手を打ち抜くというシンプルなゲーム!

さうすが実際に体験してきたときには、フットサルコートを借りて1チーム10名ほどで対戦をしていて、女性も男性も参加されていました。

2.アーチェリー初体験のさうすが撃ってみた

アーチェリーも弓道もやったことがないさうすでしたが、まずはやってみることに!
イベントの主宰のお兄さんが丁寧に説明してくれて、手本でまず撃ってくれました。
「バシュン」
鈍い音を立てて壁にぶつかる矢をみて・・・
「結構こわくない??」
しかも、ルールの中にこの飛んでくる矢をキャッチをする要素もあるため、ちょっと緊張してきました(笑)
いざ自分がやってみると、結構想い通りに矢が飛ばせる
一緒にチームを組んでいた女性の方も楽しそうに撃っていて、普段できない体験は誰しもワクワクするよなと感じました。

3.練習の次は実践!!

お次は実際に対戦!

3つのルールで今回アーチェリーハントを楽しんできました!

最初はキャッチなどはあまり関係なく、何人当てられたかを競い合いました

自分たちの陣地には2個の障害物があり、そこに隠れながら矢を撃ったり、撃とうと前に出てきた人を撃ったりと大混戦。

矢は使いまわしができるため、飛んできた矢を利用して攻撃に使います。

攻撃するために撃ちすぎると矢がなくなり、相手に撃たせるためにわざと前にでることも必要になりました。

結構シンプルでいて、戦略や奥深さがあるアクティビティ!

4.キャッチできたあなたは”主人公”

お次のルールは“殲滅戦(せんめつせん)”でした。

対戦相手がコートからいなくなるか、制限時間後より多くチームメンバーがいた方が勝ちというもの。

ここで活きてくるのが

「キャッチ」

なんです(笑)

ゲームが進むと味方が撃たれはじめ、どんどん味方が少なくなっていく中、味方を復活させる唯一つの方法になります。

ゲーム終盤でもキャッチが成功すると戦局を五分五分以上まで引き上げることができるため、ピンチになったときほどキャッチしたときの恩恵が大きくなるんです。

実際に負けそうだった対戦が時間ギリギリのキャッチによって人数がひっくり返り、逆転勝ちをしたゲームもありました。

その様子はまさに少年漫画の主人公、対戦後にみんなでハイタッチをするほどでした。

5.いざ尋常に勝負!!

最後に行なった対戦のルールはなんと“大将戦”

大将のビブスを付けている人が撃たれたら負けという内容でした。

しかも、戦国時代を思わせる新たな攻撃手段に” 刀 ”が投入されました。

刀は相手を3回切ると倒せることができ、相手の陣地に切り込める特殊な役割。

設定とルールが面白く、刀をもった武士同士が戦うときは”背中の傷は武士の恥”ということで背中を切られたらアウトとなるようです。

アーチェリーの矢を準備しているときは結構スキだらけで、意外と敵陣に切り込む武士は活躍の場がありました。

侵入してきた武士に気を取られていると、その間に守りが薄くなった大将が射抜かれるという展開もあり、戦術を味方チームで話しながらできることため自然とチームワークが生まれ、仲良くなっていきました(笑)

6.対戦を終えて

最後はみんなでアーチェリーを構えている姿で記念撮影!

2時間実際にやってみるとかなりの運動量でいい感じの疲労感を覚えました。

逃げ回ることや矢を拾う動作が結構太ももにくる(笑)

そんなこんなで新体験アーチェリーハントをとても楽しくやってきました。

是非、”ちょっと新しいことやってみたい”や”みんなで楽しく遊んでみたい”、”交流する場を広げたい”と考えている方は行ってみてはいかがでしょうか?

■東京タワースタジオ会場:スターライズタワー
・東京都港区芝公園4-4-7 東京タワーメディアセンター内
・アクセス:
都営大江戸線赤羽橋駅 徒歩 5 分、東京メトロ日比谷線神谷町駅 徒歩7分

■東雲会場:ラモスフィールドインドアフットサル
・東京都江東区東雲2-11-2
・アクセス:
りんかい線「東雲駅」徒歩1分(JR大崎駅から15分)
有楽町線「辰巳駅」徒歩10分・首都高速湾岸線「有明IC」よりすぐ ※駐車場スペースには限りがあります。

■参加費:
前売り一般チケット:3,300円(女性、中高生は2,800円のキャンペーン中)
当日一般チケット:3,800円(女性、中高生は3,300円のキャンペーン中)
※当日飛び込み参加は可能ですが、予約状況によりお受けできない可能性があります。

開催日は公式サイトに載っています!
気になる方は是非チェックしてみてください。

アウトドアが好きなあなたはこちらの記事はいかがでしょうか?

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。