ワンコを飼いたい人必見♪おすすめワンコ特集!!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンコ好きにはたまらないワンコ特集!!

ワンコは癒し♪♪

こんにちわ♪まっちょです。

まだまだ冬は長い!!こたつで丸くなる今日この頃です!!

さて、まっちょはワンコがとっても大好きです。ネコよりもワンコ派です♪♪

実家に帰るといつもワンコとじゃれあっています。

そこで!!私がおすすめするワンコを選んでみました!!

目次

1.めちゃかわ!!マルチーズ
2.お目めくりくりチワワ
3.もふもふポメラニアン
4.賢いぞプードル
5.凛々しいヨークシャテリア
6.まとめ

めちゃかわ!!マルチーズ

マルチーズ♪

最初にご紹介するのは、私の実家にもいるマルチーズ!!
ヨーロッパでペットとして飼われた犬として、もっとも古い歴史を持っている犬種です。
その歴史は、紀元前1500年頃、貿易の中継点だったマルタ島にフェニキア人の水夫たちが持ち込んだ犬が元になっていると言われているそうです。マルチーズの記述は、紀元前300年頃に記録されて、ギリシャの陶製の壺や皿にはマルチーズと同じような犬が5世紀頃から描かれていたとのこと。
性質は大人しく、人なつっこい。明るく、外交的なのが特徴的です。

わーーーーー可愛い。

お目めくりくりチワワ

チワワ♪

次にご紹介するのは、チワワです!!
チワワは、北アメリカにおいては最も古い犬種で、テチチ(Techichi)として知られるアステカ文明の王族の時代から飼われ、
儀式の生贄とされていたそうです。可哀そう、、、。

テチチは、南米大陸を原産とする絶滅した小型の食用犬種の事。

現状より大きい犬種の直系の子孫であると考えられていて、人墓から一緒に埋葬されたテチチの骨も発掘されているそうです。
性格は、活発で人懐こいのが特徴です。

目がクリクリですね。

もふもふポメラニアン

ポメラニアン♪

続いては、ポメラニアン!!
ポメラニアンは、スピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエドであるといわれていて、原産地のバルト海南岸の3つの川に囲まれた低地であるポメラニア地方にちなんでいます。

サモエドは、ロシアのシベリアを原産としたトナカイの番やカモシカ狩り、そり引きをする犬のこと

性格は、友好的で活発な犬種で飼い主とともにいることを喜び、仲間の保護意識も旺盛なのが特徴です。

モフモフさわりたい、、、

賢いぞプードル

プードル♪

次にご紹介するのは、プードル!!
プードルは、水中回収犬、鳥獣猟犬やペットとして飼育されていた犬種です。
また、泳ぎが得意で、元々は鴨猟の回収犬として用いられていたそうです。
起源については不明な部分が多く、「プードル」の語源はドイツ語のPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬であるとされています。
また、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類されます。
その中のトイプードルは、ミニチュア・プードルを純粋にペットとして飼育するために更に小型化したものとなります。
性格は利口で活発、最も知能の高い犬種のひとつであり、躾はしやすいが、甘えん坊で神経質な一面もあるのが特徴です。

プードル、意外に繊細ですね。

凛々しいヨークシャテリア

ヨークシャテリア♪

最後は、ヨークシャテリア!!
19世紀中ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯の工員の家屋を荒らす、ネズミを捕まえるために
間接狩猟犬として作出されたのが起源と言われています。
性格は、賢く勇敢な性格で、気品あふれる犬種ですが、一方で、頑固な一面を見せることもあります。
仮に、上下関係や信頼関係をうまく築くことができないと、うまく躾ができないこともあります。

ヒエラルキーがしっかりしてますね。まるで社長と平社員のようだ!!

まとめ

いやーーー可愛かったですね!!

犬や猫は、夫婦間での円満な家庭を築きやすいといわれています。

アイペット損害保険の統計でも会話が増えたり、夫婦円満になると思うと回答した人が

半数以上いたそうですよ。

ただし、命を預かるということは、必ず別れもあります。

ちゃんと、最後の命尽きるまで寄り添い一緒に住む覚悟を持った上で飼う必要がありますね。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。