本当にそのファッションで大丈夫?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はろー、えぶりわん♪
お、Hello, everyone♪と言った方が
帰国子女っぽいかな?

今日も自由奔放で
鹿児島出身のおしゃれ大好き、
実は帰国子女で毒舌の みほりん です。

またこの自己紹介か、と思った方
もっと斬新なのまだまだ募集してますよw
ご応募お待ちしております。

今回は
“どういう観点で洋服を選べばよいか”
について書いていきます。

TPOに合わせるからおしゃれに見える


出典:https://www.amazon.co.jp/おしゃれTPO-おおた-うに/dp/447978148X

まずはこれでしょー
Time 時間
Place 場所
Occasion 場合

これ、意味を再度調べてみたら、本来
『時、場所、場合に即した服装をすべきだというファッション業界の提案』
として登場したものらしい。

参照:https://kotobank.jp/word/TPO-573802

それが現在では、価値観や多様化などにより多くの商品分野に採用されるほど
便利なコトバになっているんだとか。
この3つの中でも特に
『Place 場所』と『Occasion  場合』の
2つを気を付けるとスマート。

まずその服を着て何をするのか
仕事なのかショッピングなのか、
はたまたデートなのか
仕事ならどんな仕事なのか
接客業なのか技術職なのか力仕事なのか
デートならどんなデートなのか
ショッピングデートなのか
ドライブデートなのか
それによってフォーマルなのか
カジュアルなのか系統が決まる

そして更に切り込んでいくと、
ドライブデートだとパンツスタイル
レストランデートだとスカートスタイル
お散歩デートだとパンツスタイル
とここまでこだわると面白い
あ、みほりんがどうしても女子よりなので
女子のスタイルの提案になることを許してほしい

次に、その服を着てどこに行くのか
山なのか谷なのか海なのか
職場なのかデパートなのか
ディズニーランドなのか
これは靴を選ぶ時に役に立つ
女性の視点で言うとヒールなのか
ペタンコ靴なのかスニーカーなのか
ここで選別できる
おしゃれは足元から♪と言われるが
これはあながち間違いではない
おしゃれな足元はTPOで決まるのだ

出典:PIXTA

山登りにヒールで来た時点で
どんなにおしゃれでも
おそらく一緒に行ったメンバー男女問わず
ドン引きするだろう
つまりおしゃれとはそういうことだ
一方、高級レストランでのディナーデートに
きれいなハイヒールで来てくれたら、、、
男性はそんな女性に対して好感を抱くだろう

ファッションのテイストで変える相手への印象

この2つに加えて最後に付け加えて欲しいのが
その服を着て『誰に会うのか』ということだ

男性なのか女性なのか
年上なのか年下なのか
目上の人なのか友達なのか
恋愛対象なのかそうでないのか

そしてその人にどう見られたいかで
バシッと決めるのか
ゆるくカジュアルにするのか
自由に変えられる
ファッションは料理みたいに
毎日変えられるから楽しい
そしてTPOで変えることでの最大のメリットは
ギャップ’ を利用できること

是非男性に想像してほしいのだが
スポーツする時に思いっきり
スポーティな恰好で来た女友達が
ちょっとハイクラスなレストランでのクリスマスパーティに
女度高めの黒のタイトドレスで現れたらどうだろう

出典: http://www.bostonmagazine.com/fashion-style/2013/10/29/holiday-party-little-black-dress-jewelry/

ギャップ萌え!!!!!とならないだろうか
みほりん的には妄想しただけでむふふな気分だ

ファッションで相手に与える影響が分かるからこそ
今日はどんな印象で行こう♪って
ルンルン気分で服を選べる

是非『ギャップ萌え』を上手く活用して
むふふなクリスマスを送ってほしい

広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。