金沢21世紀美術館に出展!安藤けいこさんを取材☆

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ヤッターマンです☆

今回取材させていただいたのは、CAMPFIREで629,300円で起案達成し、今年5月に金沢21世紀美術館で展示会が決まった安藤けいこさんです♪♪

とても気さくな方で、世界の魅力や体のケアについてまで話してくださり僕も世界に旅立とうかなと思ってしまうくらい色んな経験やチャレンジをされて来た方です☆

そんな安藤けいこさんの魅力をたっぷりお伝えしていきます!

目次

1.安藤けいこさんの経歴について

2.プロスノーボーダー時代

3.世界の旅へ

4.ペルーでの個展

5.今後のビジョン

1.安藤けいこさんの経歴について

愛知県出身。雪国とは関係ないところで生活していましたが、友人に誘われてスノーボードを始め、初めて出たスノーボードクロスの大会でなんと入賞。その後、プロに転向されています。

大会で好成績を収めスポンサーがついた時からメンタル面の強化と怪我をしにくい体作りのためにヨガを始めたそうです。

ヨガ歴18年、ヨガ指導歴13年。2007名古屋ZIPーFM、毎週土曜weekend yoga担当。大塚製薬イベント「オフィスヨガ」、野外音楽イベント「mojam」、アスリートフェスタなど、雑誌、ラジオなどメディアでヨガ講師

2008 株式会社第一紙行「オフィスdeプチヨガ」カレンダー監修
2012 南米コロンビア ミュージックフェスティバル「UTOVIA」 ヨーガ講師
2012 南米チリ エココミュニティー「Casa sol buin」 ヨーガ講師

また、引退後は2年ほど世界に出て旅をしようと行ったところ世界があまりにも広く、併せて7年ほど滞在されたそうです。

帰国後も様々な場所で個展を開き、ヨガを教えながら、現在では金沢21世紀美術館で展示を控えていらっしゃいます。

アート展示、活動実績
2009 ライブペイント、皆既日食記念ボート。インド バラナシ、ガンジス河
2012   個展「世界に脱帽展」京都大善院、おてらハウスギャラリー
2012 個展「coexistencia pacifica」kambalacheギャラリー、ペルー
2013   アートイベント「angel」出展 Dedaloバランコ、リマ、ペルー
2014 個展「yoga」La calandria バランコ、リマ、ペルー
2014 高知県砂浜美術館「Tシャツアート展」オーガニックコットン賞、受賞
2014    同展、愛知県豊田市美術館
2015 「旅するテレビ塔」出展 名古屋テレビ塔 スカイデッキ
2015  「旅する水族館」出展 竹島水族館
2015   個展「世界の旅」愛知県 カフェシエロ
2015   3人展 「光のワルツ」愛知県 カフェocean
2015   名古屋久屋大通バナーコンテスト「名古屋市民賞」受賞

ペルーのメディア関係
2013 ペルー全国新聞「エル・コメルシオ」掲載
2014 ペルーMagnesol社ノベルティーカレンダー、及びクリスマスカードに絵画が起用

2.プロスノーボーダー時代

ヤッターマン

スノーボードをやり始めたきっかけを教えて下さい。

安藤さん

18歳の時にスノーボードが、はやり始めていて、友人に誘われたことがきっかけです。ですが、当時はスキー場ではスノーボードが滑れないところがあったり、ライセンスがないと滑らせてくれなかったりしたんです。

友達が連れて行ってくれたスノーボードの大会にノリで出たらなんと入賞しちゃいました。競技はスノーボードクロスという競技で、まだオリンピックの種目にもなってなかったので、マニアックなジャンルだったんですけど。

エキサイティングするスポーツですが、ひどい怪我はしてなかったですね。

競技者として3,4年した時に大きいスポンサーがついたんですね。勝たなきゃと思うようになり、プレッシャーがありました。そこで、メンタル面のトレーニングにはヨガがいいよということで近所のヨガに通い始めました。

ヨガを始めたらケガも少なくて結果もよかったのでずっと継続してヨガはやっていて、将来ヨガを教えたいなと思っていました。

スノーボードでやることも達成したし、若い選手も出て来て、身体も限界かなと思い32歳の時に引退しました。

3.世界の旅へ

ヤッターマン

なぜ引退して世界を旅したいと思ったんですか?

安藤さん

私は結婚しているんですが、主人がフランスで育っているので海外にいることに関してハードルが低いんですね。

いずれチベット南米西アフリカに行ってみたいと話していました。

そこでこの際いってみようかと世界の旅へ出発しました。もっと自分で世界の姿を見てみたかった。どういうふうに暮らしているのか、何を感じて生きているのか、体験したかったんです。

そしたら世界は思ったより広かったですね。

旅に行くのには不安で、はじめの一歩は怖いんですけど、好奇心とかやりたいことを達成したいとか希望が大きかったですね。いざスタートさせてみるとただ言葉は違うだけで、最初の不安を打ち消すほどほとんどいい人でしたね。

言葉は通じないけど、単純なコミュニケーションは取れたのでガイドブックの単語帳を見ながらなんとかなりました。

いろんなところを回って、私は山やヨガが好きでチベットに行って見たいと思ってたので壮大なヒマラヤ山脈を滑ったり、ヨガなどの信仰心に触れよかったです。ただ、ご飯はおいしくないし、標高も高いので空気も薄いし、オススメかと言われると万人向けではないからオススメはできないかな。

ヤッターマン

日本と違う常識で気づいた点や生かしていきたい点、世界に行かないと気付かない点はありましたか?

安藤さん

私は海外に行かなきゃわからなくて、気づきを得るツールがたまたま旅でした。自分が常識と思っていることが全く常識ではないという経験を通して、人の基本的なところのやさしさは変わらないなと思いました。

食べ物は、基本的にみんなおいしいです。でも日本食や和菓子が恋しくなるときもありましたね。おなかも壊したこともあります。インドで搬送されたり、南米のチリで貝を食べたときにアナフィラキシーショックで倒れました。笑

4.ペルーでの個展

安藤さん

初めて絵を展示するというのがこれがきっかけでした。30枚ほど絵を書いていたので、それを入れる額がなくて、ペットボトルの再生布フェルトを作る会社に行って、サポートしていただきフェルトをもらって夜な夜な額縁を作っていました。

高校が美術の学校で、世界を回っているときは絵を描くつもりはなかったんですが、世界を回って2年くらいたって描きたくなったんですよね。

日本に帰ってきたのは、旅に出て7年もたってたということと、住んでた家の2軒となりのレストランが爆発して恐ろしくなってここには住めないと思い日本帰国を決めました。笑

日本に帰ってきてからは世界中のイメージや誰でも一歩踏み出せば世界中に行けること、世界中との平和的なコミュニケーションを絵で表現したいと思って、絵を描いていました。名古屋のテレビ塔とか竹島水族館に企画書を持って行って絵を展示させてもらいました。

周りの人に助けてもらいましたね。

そろそろ個展を開催したいと思っていた中で、金沢21世紀美術館の展示のお話を頂きました。

金沢21世紀美術館は、大好きな場所です。鑑賞した後に心が豊かになる(エナジーチャージする)力を感じられる場所なんです。

5.今後のビジョン

ヤッターマン

今後のビジョンをお聞かせください。

安藤さん

まずは5月1日〜6日に開催される金沢の展示会を成功させることです。

それから、世界中で見てきた冒険とか景色の絵があるので、そういった感性を生かしながら、例えばアウトドアブランドとコラボしたり、イベントができたらいいなと思ってます。

ヤッターマン

これから活躍していく女性へ一言お願いします。

安藤さん

すでにこのサイトを見ている方は何かを始めたい思っていると思うので、そのまま続けてください。必ず背中を押してくださる方や応援してくださる方がいるので、信じて進むしかないと思います。

アートとかヨガって生活に必要じゃないことかもしれないけども、自然と一緒で常に変化ししてるんです。結果が分かりやすくないものだからこそ心を育てる。旅もそうですね。感性や感覚が未来につながってくれたらと思ってます。

「金沢21世紀美術館での展示会。

2019年5月1日〜6日のゴールデンウイーク開催」

平成の文化勲章の巨匠たちといっしょに展示し、新元号制定を記念した画集も掲載。

企画展のタイトルは「創造者たち」平成からその先にある時代の芸術家。新元号制定記念画集の発刊記念展覧会。

安藤さんのホームページはこちら☆

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加