トライアスロンをみんなへ☆浅沼美鈴さんの挑戦☆

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もがチャレンジできるトライアスロンチームをつくりたい!!浅沼美鈴さんのチャレンジ☆

こんにちは。さーちゃんです。

もうすぐ春ですね!!

さーちゃんは花粉にちょっとビクビクしていますが、

暖かい季節は活動的にもなれるしとても楽しみです★

さて、活動的といえばスポーツが思い浮かぶ人も多いでしょうが、

今回はスポーツの中でもなんとトライアスロンのクラブチームを設立された、

バリバリ行動派の浅沼美鈴さんに取材をさせていただきました!

目次

1・トライアスロンってどんなスポーツ?

2・浅沼美鈴さんってどんな人?

3・クラブチームを設立したきっかけ

4・行動してみて・・

5・クラウドファンディングにチャレンジ

6・これからチャレンジするあなたへ

トライアスロンってどんなスポーツ?

トライアスロンって存在は知っているけど具体的にどんな競技がご存知ですか?

詳しく調べてみました★

ライアスロンは1974年、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで誕生した。サンディエゴ・トラッククラブのメンバーたちが、ラン4.5km、バイク8km、スイム0.4km、ラン3.2km、スイム0.4kmで最初の”トライアスロン”大会を開いた。水泳(スイム)・自転車(バイク)・ランニング(ラン)の3種目を連続して行うことから、ラテン語の“3”「トライ」と競技の「アスロン」を組み合わせトライアスロンとなった。

ふむふむ・・

水泳・自転車・ランニングの3つの競技から成り立ってる競技です!

てっきり男性ばかりがやっているスポーツのような印象がありましたが、

浅沼美鈴さんはハキハキした素敵な女性でした★

選手との信頼関係は抜群の浅沼さん♪

浅沼美鈴さんってどんな人?

浅沼さんは今ではトライアスロンのTriathlon Club Alphaを設立され、

ご自身でコーチをされていますが

実はもともとは競泳選手だったんです!!(すごい!)

浅沼さんは5歳の頃から水泳を始め、大学までずっと競技に参加されていましたが

大学卒業を機にトライアスロンへ移行され

数年トライアスロン選手として活躍されていました。

うーん、カナヅチのさーちゃんとしては選手と聞くだけですごく羨ましいしかっこいい!!

と思ったんですが、

浅沼さんは選手としてだけではなく、女性としてもすごく芯のある素敵な方だったんです★

浅沼さん♪

クラブチームを設立したきっかけ

さーちゃん:クラブチームを設立したきっかけを教えてください。

浅沼さん:トライアスロンは比較的新しいスポーツの為、まだあまり練習方法が定まっていないんです。

もっとたくさんの人に話を聞いて視野を広げたり、自分で他の練習方法を勉強したいと思い

所属していたトライアスロンのクラブチームを辞めました。

もともと通っていたスイミングスクールでトライアスロンコースのコーチを

任されていたこともあり、子供から大人まで一緒に楽しめるチームをつくりたい!と思い

Triathlon Club Alphaを2015年に立ち上げました。

さーちゃん:立ち上げのときにどういうお気持ちでしたか?私だったら上手くいくか不安になりそうで・・

浅沼さん:不安じゃなかった?ってよく聞かれますが、あまり考えませんでした!笑 私よく楽観的って言われるんですが、やってみてダメだったら次また考えれば良いと思ったし好きなことをやっていたので、どんどんアイディアも浮かぶし努力すれば何とかなる!と思っていました。

さーちゃん:わ〜!!すごくシンプルですね!!考えてから行動するよりもまずは行動!!

楽しそうな雰囲気が伝わってきます♪

行動してみて・・

さーちゃん:実際行動してみて大変だったことはありましたか?

浅沼さん:そうですね・・立ち上げ当初はトライアスロンの選手として目立った記録をつくっていたわけではないので、私の練習方法や方針が理解されず、親御さんたちに「もっと厳しい練習方法に変えてくれ!」とか「あのチームのような練習方法にしてくれ!」と言われることがありました。ほとんどの親御さんにとって私は年下の女性指導者だったのも理由の一つかも知れません。

さーちゃん:親御さんからそんな風に言われたら困りますね・・

浅沼さん:そうですね。でも私は頑固なんで、「絶対自分の信じた練習方法は変えません」と言って貫き通しました!親御さんを気にするよりも、選手がのびのび楽しく競技に取り組んでいればそれが成績となって表れると信じていたんです。

さーちゃん:なるほど。自分を信じて貫き通すことって本当に大切ですね。浅沼さんの指導方法の特徴は?

浅沼さん:厳しい指導や礼儀作法を徹底的に教え込む!ではなく、なんでしょう・・天然素材をそのまま活かすというか(笑)

自分は水泳をやっていた時は厳しく指導されたこともあったんですが、自分が指導者としてどうしたいか考えた時、「厳しく指導して型にはめるよりも、のびのびと先輩選手たちの背中を見て自然に学んでいってほしい」と思ったんです。

始めは保護者の方々に理解されませんでしたが、結果が伴うようになってきてやっと信じていただけるようになりました。

クラウドファンディングにチャレンジ

浅沼さんは2017年に524,000円の起案を達成されました!

浅沼さんのクラウドファンディングページはこちら↓↓

さーちゃん:どういうきっかけや思いがあったんですか?

浅沼さん:トライアスロンは子供達の成長に合わせてバイクを買い替えたり遠征したりと、お金がかかるスポーツなんですが、そういった費用負担を少しでも減らすことが出来たら子供達も続けやすくなるはず!と思いクラウドファンディングにチャレンジしました。

さーちゃん:達成したときのお気持ちは?

浅沼さん:たくさんの方々が応援してくださって、感謝の気持ちでいっぱいでした。目標金額が達成できたことももちろんですが、「応援してくれている人がこんなにいるんだ」と目に見える形でわかったことが何より嬉しかったんです。

さーちゃん:たくさんの人の想いがつまった起案だったんですね。Triathlon Club AlphaのホームページやSNSを拝見しましたが、「楽しい!」という雰囲気がすごく伝わってきます。

浅沼さん:すごく楽しいですよ!3種目出来るので飽きないですし(笑)

最近子供達を見ていると、勉強やゲームで家にこもってしまう子も多い気がします。子供のときにしか出来ない経験をもっとしてほしい!と思ってしまうんです。トライアスロンがきっかけとなって子供達が外に出るようになったら良いですね。

真剣に取り組んでる姿がかっこいい♪

これからチャレンジするあなたへ

さーちゃん:これから何かチャレンジしたい!と思っている女性へメッセージをお願いします。

浅沼さん:周りがどんなことを言ってこようとも、自分の軸をぶらさずに貫き通せば、時間はかかったとしても必ず結果はついてくると思います。自分の好きなことに正直になってぜひチャレンジしてください。

さーちゃん:浅沼さんは今後どんなチャレンジをされますか?

浅沼さん:今はジュニアの指導が主ですが、今後はシニア選手の指導もしていきたいですね。あとは、今指導している生徒からオリンピック選手をだすこと!

さーちゃん:オリンピック!!これからが本当に楽しみですね!

浅沼さん、インタビューさせていただき本当にありがとうございました!

私もどんどんチャレンジしていきます☆

浅沼さんのことをもっと知りたい!という方へ

Triathlon Club Alphaのホームページはこちら!

公式facebookページはこちら!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。