誰のためのしごと??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の頃はどのような社会人を想像していたでしょうか?

「バリバリ働いて稼ぎまくる!」

「生活できる最低限の収入があればそれで・・・」

「キャリアを積み上げて魅力的な人に!」

それぞれの人がそれぞれで思い描いた社会人像があったかと思いますが、そこで気になる調査が!

□仕事には夢も希望もない??

インターネット調査会社の登録のリサーチモニターである全国の15歳から29歳までの男女3000名(男性1500名,女性1500名)を対象に実施したインターネット調査の結果なわけですが・・・

何のために仕事をするのかについて(選択肢より二つまで回答可)「収入を得るため」が最も多く63.4%,次いで「自分の生活のため」が51.0%「自分の夢や希望を叶えるため」(15.0%),「家族の生活のため」(12.6%),「仕事を通して達成感や生きがいを得るため」

夢や希望じゃ食べていけないということを悟っているような結果・・・。

□仕事選びは何を大切に??

仕事を選ぶ理由として大切としている割合を見てみると

「安定していて長く続けられる」(94.6%),「収入が多い」(94.3%),「自分の好きなことができる」(92.7%)、そして、「休みが多い」(75.0%),「多くの人の役に立つ」(73.7%)となっています。

生活の基盤と自分らしさを大切に考える方が多いようですね。

□今のあなたはどうでしょう??

実はこの調査、平成23年12月から平成24年1月に実施されているものです。つまり当時大学生だった方などは今現在働き始めている頃でしょうか。それとも仕事に慣れてきて打ち込んでる方もいらっしゃるかもしれませんね。

人によっては忙殺されて何のための仕事かわからなくなっているかもしれません・・・。昨今でもプライベートの時間を大切にしたいという若者が多い中でブラック企業や社畜といった言葉は今だに使われていることが現状です。

就職はゴールではなく、スタートだとも言われています。もし、あなたの思い描いた今ではないのなら改めて、何が自分らしく・あなたらしくなのでしょう?仕事でのやりがい・プライベートな時間・社会への貢献、学生ではなく社会人としてどうなっていきたいか考えるきっかけになればと思います。

出典:内閣府ホームページ

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h24honpenhtml/html/honpen/toku_2.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。