ラジオキャリア30年!みんなに感謝を届けたい!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さうすです。

今回はなんと!

半蔵門にあるFM放送局にお邪魔して、ある女性の取材をしてきました!!

今回、取材を快く承諾してくださった方はこの方。

藤田みささんです!!

ラジオパーソナリティ30周年の感謝を伝える”みさFes”にてクラウドファンディングをオープンし、160%で起案を達成した方です。

プロフィール引用
アニメ声から、しっとり声まで、多種多様な声を操るラジオパーソナリティ、ナレーター、フリーアナウンサー。
ラジオパーソナリティ30年のキャリアから、映画、音楽、アートへの造詣(ぞうけい)も深く、特にミュージシャンや俳優、著名人からは、インタビュー力の高さで信頼を得ている。声優(日本赤十字の献血キャラクターけんけつちゃん)としても活躍。
ラジオ番組ディレクターの経験も活かし、最近ではMCとしてだけでなく、イベント、番組の企画も担当。<ラジオDJ 実績>
FM長崎・大分・京都・石川・世田谷・サルース上記各局にて平日帯番組生放送DJ担当 計20年以上~ CM等ナレーション ~
<ラジオCM>
東急グループ、無印良品、キリン生茶コンサート告知・映画告知多数https://camp-fire.jp/profile/misanta

話を伺ってみて、感じたことは今の自分があるのは皆様のおかげという“感謝”でした。また、考え方がとてもシンプルでその上、ブレない軸があり、そこに藤田みささんの魅力を感じる時間でした。

今回は藤田みささんのお話を通じて、活躍している女性の姿をお伝えできたらと思います!

目次

1.習慣から仕事へ

2.コンプレックスを武器に

3.人に興味があるんです!!

4.なぜクラウドファンディングで起案をしたんでしょうか??

5.その行動の原動力が気になる!!

5.”30年という月日”

6.頑張る女性へ一言!!

1.習慣から仕事へ

まずは気になる藤田さんがラジオパーソナリティになった理由を聞くことに!!

藤田さん「元々私は学生のときにラジオを好きで聴いていました。」

「しょっちゅう部屋で聴いていたので、声を聴いて、”この男性の方は優しそうな声だな”とか、”この女性の方の声は好きだな”というように妄想をして顔や雰囲気を思い描いていました。」

「今ではHPなどで顔が分かるようになっていますが、当時はそういうのがなかったので(笑)」

さうす「学生のころでラジオパーソナリティに近いことをやっていた経験はあるんですか?」

藤田さん「10代の頃は特にこれといってやっていませんでしたが、大学時代は放送研究部に所属し、学園祭などでは少しラジオパーソナリティ(当時でいうDJ)のようなことはやっていました。」

「そして、大学4年生の頃、就職試験として全国の放送局の試験を受け、やっとの思いで合格したのがエフエム長崎でした!放送局のアナウンサーとして、平日の月曜日から金曜日に16時〜18時の生放送を担当したことが、私のパーソナリティとしてのスタートです。」

2.コンプレックスを武器に

ラジオパーソナリティやフリーのアナウンサーとして様々な方にお話を聞くプロとして仕事をされている藤田さん

さうす「元々、喋ることは好きだったんですか?」

藤田さん「学生の頃からラジオを好きで聞いていましたが、むしろ、自分の声にはコンプレックスを持っていました。」

「いじめではないけど、”キンキン声がうるさいから声を出さなくていいよ”と部活の先輩に言われた経験もあったり…。」

「あるとき”コンプレックスを武器にしてみたら?“という知り合いの方から言われた何気ない言葉から、自分の中の意識が少しずつ変わっていくようになり、次第に大好きなラジオDJに興味を持つようになりました。」

3.人に興味があるんです!!

私さうすも取材を通じて色々な方にお話しを聞かせていただくことが多いのですが、藤田さんにコミュニケーションの部分で気になったことを聞かせていただくことに!

さうす「ラジオパーソナリティやフリーアナウンサーという仕事柄、たくさんの方のお話しを聞く機会が多いと思うのですが、人と関わるときに意識していることはありますか?」

藤田さん“その人に興味を持つこと”だと思います。」

あなたのことをもっと知りたいという気持ちが根底にあれば、会話も弾むし楽しくなると思います。そして、心を開いてきちんと向き合うこと!自分が心を開かなければ相手も開いてはくれませんよね。フラットな気持ち!オープンマインドで。」

「”何にワクワクしているのか”、”何を生きがいにしているのか”など、その人の興味の対象を知ることができると、自分とは違う人生を垣間見れたようで楽しくなります。私もお仕事で様々な人と出会いましたが、一人ひとり違う人生を歩んでいるんだなと思います。」

4.なぜクラウドファンディングで起案したのでしょうか??

ふと浮かんだ疑問をぶつけてみることにしました。

さうす「なぜ、クラウドファンディングで起案したんですか?」

藤田さん「最初はクラウドファンディングをやる、というよりは、ラジオパーソナリティ30周年にあたって、感謝を伝えるイベントをしたいと思ったことがスタートでした。」

「30年も続けてこれたのは本当に奇跡で、30周年は1度きりだし、と何かやりたいと思ったんです。今まで支えてくださったリスナーさんありきの30年間ですし、番組に来てくださったミュージシャンの皆さんや癒しと勇気をくれた音楽、全てに感謝を届けたいと思ったんです。

「また、イベントに地方や遠方で来られない方々にも、イベント以外の何か違う形でも感謝を届けられたらと思っていました。

「人づてでクラウドファンディングを紹介していただいて、”クラウドファンディングはお金をただ募るだけではなく、信用を運用するもの”とお話を伺って、やったことはないですが、感謝の気持ちをリターンとして地方の方へ届けることができるのではと考えました。」

「またボイスレターや、藤田みさが日本のどこでもMCします!という司会権など、みさFesとは別枠でリターンをつくることで、イベント以外でも何か繋がるところがあって面白いかもと思いました。それで、未経験でしたが、クラウドファンディングにチャレンジしたんです。

みさFes

引用
ラジオと結婚して30年!
音楽の素晴らしさをラジオを通じて発信し続けているラジオパーソナリティ・藤田みさが、キャリア30年の節目の年に、ゆかりのあるアーティストを迎えて送る音楽&トークFes♪

”どうやったらより多くの方に喜んでもらえるか”、”感謝を届けられるか”という想いから、初めてのことでもやってみようと決めたそうです。

5.その行動の原動力が気になる!!

ここでさうすが感じたことは、行動に至る”原動力”でした。

新しいことにチャレンジしたくても、なかなか行動できないという気持ちを抱く人も少なくないのでは?と感じ、そこを聞いてみることに!

さうす「チャレンジしたいと思っても行動まで至らないという方が少なくないように思うのですが、行動の原動力はありますか?」

藤田さん「原動力?う〜ん。単純に、シンプルに生きているだけだと思います。やってみたいから、やってみる!何か野望を持って大それたことをしてやろうと思っているわけでもないですよ。」

さうす「自分自身は考えすぎて動けないことが多いのですが、その思い切りの良さはどこからくるのでしょうか?」

藤田さん「それは、“これやりたい!”という想いだけです。

「だって、自分の人生でしょ?誰の人生でもない!自分の人生なんだもの。一度きりなんだから、自分で覚悟を決めて、思いっきり楽しむのがいいでしょう?それに尽きるんじゃないでしょうか。」

6.”30年という月日”

ラジオパーソナリティを30年間継続されてきた藤田さん

話す姿から、ラジオへの想いが伝わります。

さうす「この30年間で得たものと失ったものはありますか?」

藤田さん「失ったものは婚期でしょうか(笑)」

「ただそのことに悩みは全然なくて、ラジオが人生のパートナーみたいな感じです!ラジオと結婚したと言われることもあるくらい(笑)」

藤田さんの”お茶目さ”と、”人にどう見られるかではなく、どういう自分でありたいか”という藤田さんの軸を感じました。

藤田さん「逆に得たものは、様々な人との出会いと、なにものにも変えがたい経験です。お仕事を通じて得た、人とのご縁が全てで、そのご縁があったからこそ、30年間生放送を絶やさず続けてできたと思います。感謝しかないです!そして、これから先、今度はどんな出会いがあるかということも楽しみです。」

仕事を通じて繋がった人とのご縁への感謝の気持ちを、今回の取材中もずっとおっしゃっていました。

溢れるように感謝が伝わってくるのは、想像もできないほどの経験を積み重ねてこられたからだろうと思いました。

7.頑張る女性へ一言!!

さうす「世の中の頑張る女性に対してメッセージをいただいてもよろしいですか?」

藤田さん「はい。私は始めることに遅いことはないって思うんです。いつだってやりたいと自分が思ったときが始めどきだから。」

「経験は宝だから、自分なりの宝物を集めて下さい。」

最後に

やりたいことを実現するための手段のひとつがクラウドファンディングだと改めて感じる取材となりました。

何かを始めることに早い遅いはない、その人のタイミングがある!

今までの経験と、藤田さん自身が経験されてきたからこその、この言葉が響きます。

「誰かのための人生でなく、一度きりの自分の人生を、悔いのないように!」

初めの一歩を誰のためでもなく、自分のために踏み出してみませんか?

取材させていただいた藤田みささんの

ラジオパーソナリティ30周年感謝祭”みさFes”

私さうすも個人的にお邪魔します!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。