【禁断のひとり言!】甘えん坊男子に捧ぐ

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

愛の伝道師、いおりです。

各ライターより、要望がありまして

名付けて『ぶったぎり恋愛コラム』

を書いていきます。

どーん!!

その前にお前は誰だって感じですね。

私は愛を探求し語るのが好きな、要するにただのアラサーです。笑

これまでの様々な恋愛体験を踏まえた独断と偏見を交えながら、

色んな男女の生態について、ひとり言をつぶやきます。

【今回ぶったぎる対象はこちら】


「俺、年上の女性に転がされたいんだよね」

「俺、結構甘えん坊なんだよね」

あなたの周りにいませんか、こんなメンズ。

最近私の周りにはよくいるんです。

その名も『甘えん坊男子』

めちゃ普段から仕事も一生懸命がんばっていて、ハードワーカーな方々もいらっしゃるでしょうから、そんな男性の気持ちは分かります。

いいんですよ、甘えたって。

私も本当に疲れたときには、心の拠り所というか、
オアシスのような人に逢いたいなぁと思います。

【甘えん坊男子をぶったぎる!】

だがしかし!!

男性諸君、その発言をすることで女性の心のなかに何が起きているか考えたことはありますか。

少なくとも私はこう思っています。

「だから?」
「その女性にとって、お前を甘やかすメリットはあるのか」
男性と女性の違いがここにあると思います。

男性は「俺、甘えん坊なんだよね」発言で

女性が『嘘ー!いがーい!そんな姿見てみたい!』となるのを期待しているのでしょう。

あまーい!!

はちみつたっぷりのパンケーキより甘いです!!

女性がそう思うのは、気になる人や多少は好意のある人に限る。

ほとんどの女性があなたのそんな「甘えちゃう俺」に興味がないことを知っておきましょう。

【「俺を甘えさせてよ」アピールは不要です。】
このことは男性だけのせいではなく、女性にも原因はあるかもしれません。

社会的にも男性と女性の境目があまりなくなってきているようにも感じます。

バリバリ仕事をしてたくましさを持つ女性が増え

男性とさほど収入の差がないとなると、

女性もリーダーシップを持つのは当たり前なのかもしれません。

だからこそ

「女性に引っ張ってもらえると楽だなぁ〜」という男性も増えたのかもしれません。

そりゃ楽ですよね。

たいして考えなくてもいいですもの(笑)

結論、男性も女性も「この人なら、自分の弱い部分も見せられるな」っていう人が1人いるといいですよね。

普段、努力をしながらあまり弱さを見せず、

ふとした瞬間に見せる隙に人はドキッとするものではないでしょうか。

少なくとも私は、そんな人に魅力を感じますね。

以上、いおりのひとり言でした。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加