お洒落な関西最大級フードホール行ってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
史上初!関西最大級のお洒落なフードホールに行ってみました!

身も心も夏めいて、食欲も気分も盛り中、ねこりずむです。

今話題の関西最大級、大阪梅田の地下街に今年賑わっているスポットがあるということで、今回UMEDA FOOD HALL遊びに行ってきました!

大阪梅田界隈の食の産業に新たな旋風を巻き起こす予感です。

フードコートといえば、いろんなメニューをシェアできることがメリットですね。

いろんなもの食べたいけど選べない!そんなわがまま女子におすすめな場所です!

今回、私が行ってきたお店を紹介したい思います。

UMEDA FOOD HALL 阪急三番街

2018年3月28日に関西、梅田の地下街にオープンした巨大なフードホールへ!!

大きい看板の下からエスカレーターに吸い込まれるようです!

大きい看板で分かりやすい。ようこそ!

フードコート中央にある時計。待ち合わせ困った時はこちらがいいかもしれません。
ライトの演出もあり、ちょっと公園で待ち合わせしている気分ですね。名古屋でいうと、金時計・銀時計のよう。

新感覚のスポットに、ねこりずむ家の猫はつれていけないということで今回はお留守番をしていてもらいました!

早速、このフードコートの魅力をご紹介したいと思います。

1.シェアできる!

最近では、シェアという言葉をよく耳にするようになりましたが梅田フードホールではお洒落な空間で食事ができるだけではなく、シェアができる空間なんです!

気軽に友達も、家族、おじいちゃん、おばあちゃんと「食事」という、一時を共有できるスペースになっています。

一つのお店にしか行けないとレパートリーが偏りがちですが、 美味しいものをみんなでシェアできるのがいいところです。

お父さんはビールにおつまみ、こどもたちは熱々のピッツアを頬張る。
みんな同じ空間だけど、まさに自由な空間なのです。

2.いつでも好きな時に食べられる!

フードコートを利用している方々は、年齢層もライフスタイルも違えば、食べる時間もそれぞれ。

1人当たり1,000円くらいで手頃に食事が楽しめるお手軽なところも魅力ですね

今までは、食べたい物のある場所が「ラーメンを食べるなら茶屋町中崎町」「デザートにパンケーキを食べたいから阪急」と行く方向が様々だったと思います。

なんと、このフードホールではラーメンにパンケーキにアイスクリームとどんな人でも利用しやすいように数多くのラインナップがあるんです!!!

「昼から夜まで飲むならおでん・串物」
「ひとりでも気軽な麺・丼ランチ」
「スタミナ飯ならステーキ・とんかつ」
「女子好きの最新グルメ・デザート」

種類が多すぎて目移りしてしまいます!

その中で何軒か足跡をつけてきましたのでご紹介させていただきます。

女子に人気!インスタ映えするお洒落なお店

ragout(ラグー/フレンチ煮込み料理)

野菜と世界最小のパスタとも言われてる食物繊維が入ってるクスクスなど盛りだくさん!糖質制限している方もいいですね。

じゃがいもが甘くて美味しいです。

>>クスクスを知らない女子のためにこちら

BURN SIDE ST CAFE (バーンサイドストリートカフェ/パンケーキ

女性に人気が根強いのは、やはりパンケーキですよね。

パンケーキの上に『B』って焼印が入ってるのが特徴ですが、私は既に上に生クリームとイチゴ乗せ。笑

可愛い写真を撮る前に食い気が勝るほど。

いかがでしたか?

従来のフードコートとは違い、スケールの大きさも感じさせる空間でお洒落にご飯を食べてみませんか。

”フードコート=一家で遊びに行った時に寄ってく食べやすい場所”

というイメージがぶっちゃけありました。

今回、行ってみて大人カップルも行きやすい空間になっているなと感じました!

また、営業時間も23時までで、お一人様でもふらっと立ち寄りやすいですし、『せっかく食事をするなら駅近のお洒落なところがいい!』と、欲張りな女子の要望を叶えてくれる場所ですね!

フードコートとしての雰囲気が変わるだけでこれまでのフードコートのイメージが変わりました。

様々な人と様々な時間・食事を共有しながら、時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

私も、家族や友人が関西に遊びに来た時は是非、案内してあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。